【厳選】Web集客の成功事例3選をご紹介!

近年、インターネットを使う機会が増えたことで、「Webで効果的に集客したい」と考える方が増えています。
今回の記事は、ウェブ集客をご検討されている方に向けて、Web集客の概要と当社の事例について解説していきます!

Web集客のメリット

Web集客とは、インターネット上のWebサービスを活用してユーザーの集客につなげる方法です。
一口にWebサービスと言っても種類がたくさんあります。

例えば「Google」「Yahoo!」「Instagram」「Youtube」「Facebook」「Twitter」などが代表的です。
Web集客のメリットとして、低いコストで多くの人に情報をリーチできる点があります。

また、売り込みたいユーザーの属性(ペルソナ)を明確に設定すると効率的な売り込みが可能となるのも大きな特徴です。

効果的なWeb集客法とは?

Web集客には様々な方法がありますが、大まかに言うと、以下の3つがあります。

検索エンジンからの集客
SNSからの集客
有料広告からの集客

順番に説明していきます。

検索エンジンからの集客

検索エンジンからの集客とは、GoogleやYahoo!などの「検索エンジン」から集客を狙う方法です。
検索エンジンは、自分が知りたい情報のキーワードを入力すると世界中のWebページの中から関連性の高いものを探してくれるサービスです。
この検索エンジンで検索した結果の上位に表示されることで、自社のWebページをより多くのユーザーに認知してもらえるようになっていきます。

検索で上位表示されるためにとる対策を「SEO対策(検索エンジン最適化)」といいます。
検索エンジンの中でも「Google」は多くのユーザーが活用しています。
そのGoogleと同じ情報を参照して検索しているのが「Yahoo!」です。
GoogleとYahoo!の両方の国内シェアを合計すると95パーセント以上を占めます。
そのため、日本でSEO対策をすることを考えた場合、Googleで検索上位を狙うことを意味すると考えて間違いないでしょう。

多大なコストをかけたからといって上位表示されるわけではなく、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作成することが大事になります。
その理由は、Googleはユーザーにとって有益だと思われる情報を上位表示するように独自の基準を設けているからです。
検索エンジンによる集客効果は長期間維持されると考えられるので、ユーザーにとって有益なコンテンツ作りを心がけることで安定した集客効果を生みます。


弊社サービスのご案内

SNSからの集客

2つ目にご紹介するのが、SNSに自ら投稿をして集客する方法です。
SNS(ソーシャルネットワークサービス)とは、世界中の人と交流が持てる会員制の交流サービスの事です。
代表的なSNSと言えば、Twitter、Facebook、LINE、Instagramなどが挙げられます。

SNSでは発信した情報がいいねやシェアによって拡散されるのが大きな特徴です。
SNSを使って集客するには、毎日のこまめな更新が大切です。
また、ユーザーの誤解を招き、発信内容に対して多くの批判が集まる炎上や、特定の人物や事物に対して極端なまでの「反対、対抗の意」を示すアンチユーザがいることには気を付けなくてはなりません。

SNSで集客するに当たって、どの媒体にも共通する注意事項ですが、発信した内容が適切なものであるかチェックする体制作りが不可欠となります。

有料広告からの集客は、インターネット上に有料で広告を出し、そこから集客する方法です。
インターネットを経由した有料広告には「リスティング広告」、「ディスプレイ広告」「SNS広告」などがあります。
広告費はかかりますが、大人数に宣伝できる方法です。

リスティング広告」は検索結果の一覧に表示される広告で、ワンクリックされるたびに広告料が発生します。
ユーザーが検索するキーワードに応じて広告が表示されるので、ユーザーのニーズを意識した広告作りが必要となります。

ディスプレイ広告」は、個々のWebサイトにバナーで表示されることが多く、Webサイトの内容によって表示が変化することから「コンテンツ連動広告」とも呼ばれています。

SNS広告」はSNSのユーザーのタイムライン上(投稿履歴)に直接表示されます。
それぞれのユーザーのアカウントの情報によって発信が限定され、広告に興味を持ってくれそうなユーザーに効率的に情報を届けられる点が大きな特徴です。


実際のWeb集客の3つの成功事例を紹介

当社のWeb集客における「インターネット検索(SEO)」を活用した成功事例を3つ紹介します。

1.ユーザーの検索意図を徹底的に調べたSEO対策。
商圏30km以上遠方からの集客も実現

自社の強みやユーザーの動向をリサーチ、分析をした上で戦略立案。
継続したサイト改善、ページコンテンツの追加を行った。

さらに魅力を感じてもらうための具体的な訴求&オファーを設けるウェブ戦略とローカルSEO対策を実施。
近隣に加え、商圏30km以上離れた地域からも安定した問合せを獲得!

課題・クライアント様からのご要望
· 相続税対策、相続税申告に力を入れていきたい
· 購入検索キーワードの競合が多い
· 施策によって、キーワード上位化したが思うように問い合わせにつながらない
結果
・近郊での購入検索キーワード「相続税申告 名古屋」「相続税対策 名古屋」で安定的に3位〜4位あたりに表示
・平均2〜3件/月の問い合わせの獲得
・商圏30km以上距離のある地区での購入検索キーワード「地域名 相続税申告」、1〜2番目に表示
・1回/週のコンスタントな資料請求、無料相談の問合せ獲得

近隣エリアでの施策

1:ユーザーの検索意図を徹底的に調べた上でSEO対策を実施
2:リスティング広告/PPC広告の運用
3:小冊子の制作
4:コンテンツの追加

商圏30km以上遠方エリアでの施策

1:ローカルエリア対策ページの制作
2:リスティング広告/PPC広告の運用
3:出張相談のオファー&三河エリアのスタッフがいる安心感を訴求

>>さらに詳細な対策について知りたい方はこちら

2.コンテンツの作り込みと専門性を追求し、成約率大幅改善!

ターゲットを明確にしてニーズに対応するコンテンツを作り、見込み客が集まる確率をあげます。
ターゲットは絞り込むほど効果的です。

アクセス数は漫然と増やすだけでは意味がなく、商品・サービスを購入してくれる可能性のある見込み客のアクセスを集めることが重要です。

また、自社の差別化ポイントを把握するには、競合を知る必要性もあります。
顧客ニーズも自社の強みも、外部の専門家の協力を得ることではっきり見えてくることがあります。
また、ニーズや強みを効果的に表現することで、初めて成果を出せるWebサイトとなるのです。

課題・クライアント様からのご要望
· 見込み客ではない人からの問い合わせばかりが来て、まったく成約に結びつかない
・問い合わせからの成約率ほぼ0%
・対策キーワード圏外or 20位以降
結果

・問い合わせの多くが成約、成約率70%アップ
・ほぼすべての対策キーワードで10位以内
(上位5位はほぼすべて行政関係のサイト。民間サイトとしてはほぼトップ3圏内)
・サイト更新、SEO対策、顧客インタビューの内製化が可能に質の良い問合せが増えた(事例を見て頂いているという事で話が早い)

施策

・ターゲットを再確認し、不要な記事を非公開にする
・顧客リサーチと競合分析
・トップページのリニューアル
・SEOに貢献するコンテンツの拡充
・問い合わせフォームの改善

>>さらに詳細な対策について知りたい方はこちら

3.徹底的にユーザー目線に立った大胆なコンテンツ改革。
8ヶ月でSEO圏外⇒1位に

Googleは、サイトがどれだけユーザーに貢献しているか、ニーズを満たしているのかを評価しています。
即効性はありませんが、アクセス・キーワード解析や顧客インタビューなどを通してユーザーのニーズを知り、本当に役立つコンテンツを作り込んでいくこと、すなわちサイトの「質」を高めていくことが現在のSEO対策の王道なのです。
検索は基本的に人が行うものですので、検索する人の心理を分析することが、コンテンツ作り込みの精度アップにつながるのです。

課題・クライアント様からのご要望
・他社のコンサルを受けて対策に取り組んでいるが、成果が出ない
・SEO順位がじわじわ下がり対策キーワードが20位以下、または圏外に
・対策キーワードが「症状名」のひとつで、Googleが医療機関のサイトを高く評価する傾向から、非常に不利な状況だった
結果

アクセス数:サイト全体として約2倍、重要キーワードでは4倍に。

・検索順位:重要キーワード1位、多くの対策キーワードで10位以内
・CTR(検索結果画面におけるクリック率):10%あれば優秀とされる中、8%→19%に。ほぼ5人に1人が検索画面からクリックしてサイトを訪れてくれるように。

仮説

・課題の原因の仮説を立てる
・原因を解決するための施策を実行する
・効果が出れば、さらにその取り組みを加速する
・効果が出なければ、さらに他の施策を実行する

>>さらに詳細な対策について知りたい方はこちら


まとめ

今回はWeb集客について、事例と共にお伝えしました。
当社が成果を上げることができた大きな要因は、クライアント様が弊社を全面的に信頼してくださったためです。
こちらがご提案した内容をすべて丁寧に実践してくださり、お忙しい中でもサイト改善のための時間もきちんと取ってくださったことにあると思います。

実は、コンサルタントの提案をすべて受け入れ実行してくださるクライアントは、それほど多くはありません。
例えば、今回の事例にもありましたが「記事の大半を非公開にする」といった施策に対しては、抵抗される方も少なくありません。
また、「時間がない」「やる人がいない」などと、通常業務に埋もれて後回しになってしまうこともよくあります。

弊社から提示する施策や提案は、Webマーケティングの専門家として一つひとつの案件に真剣勝負で向き合って導き出したものです。
そのすべてに根拠があり、提案内容には責任を持っています。
弊社が示す戦略と、クライアント様による実践は表裏一体であり、どちらが欠けても成果を出すことはできないのです。

WEB集客には様々な方法や媒体があるため、コンサルタントをつけるだけではなく、予算や時間、業態に合ったものを選んで、挑戦してみてください。