【治療院・美容サロン専用】ホームページ集客SEO対策完全攻略!6W4Hに応えよ

 

 


今回は、「SEO対策完全攻略!6W4Hに応えよ」と題して治療院・美容サロン専用のSEO対策についてお話します。

私はWebに関わる仕事を、前職のWebマーケティング会社を含め、約10年続けております。その中でも治療院・美容サロン関係のビジネスが最も実績が多く、かなり高い確率で集客できるポイントが分かってきました。
この記事ではこのポイントについてお伝えします。

 

 

押さえておきたい6W4H

高い確率で集客できるポイントとは、「6W4H」です。

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、「Webサイトを見直す」もしくは「これからホームページを作る」という方にはこの「6W4H」を最低限抑えて頂きたいです。

なぜなら、6W4Hは治療院や美容サロンを探すユーザーにとって一番知りたいことだからです。ユーザーの知りたいことを提供して、疑問や不安を解決すれば、かなり高い確率で予約や問い合わせが増えます。

 

Where「どこにお店があるのか」


1つ目はWhereです。

「どこにお店があるのか」ということです。

 

どこにお店があるのか、一目でわかるサイトであることが望ましいです。偶に最初のページでどこの地域にお店があるのかわからないホームページがありますが、これは絶対にやめましょう。

 

例えば「最寄り駅から何分」や、「大まかな地域」、「○○町にあるお店」ということを書くことで、地域の人にとって「自分の地域のお店だ」とわかるようにします。

あとは、アクセス方法は最初の画面でなくても良いですが、かなり丁寧に書いていただきたいです。車、バス、電車など「それぞれの交通手段でどのようにアクセスするのか」ということと、「Googleマップとの連携」や、「住所」などの情報が分かる「アクセス専用ページ」を用意しましょう。

 

When「いつ営業しているのか」

2つ目はWhenです。

いつ営業しているのか」ということです。営業時間は記載していただきたいです。

 

特に、「ファーストビュー」と呼ばれる、ホームページのヘッダー(サイトの最上部のロゴや店名などが書かれた場所)などでわかるようになっていることが望ましいです。

 

Whom「誰を対象にしてビジネスをしているのか」

これは、「誰を対象にしてビジネスをしているのか」を明確にすることです。

例えば「女性のどんな悩み、理想に対してサポートをしているのか」ということを明記します。誰に向けてビジネスをしているのか「書かれているサイト」と「書かれていないサイト」があると、「書かれているサイト」であるほど、お問い合わせが多い傾向があります。

 

そのため、「どんな人にどんな悩みを解決するのか」を必ず明記しましょう。

 

What「どんな特徴があり、どんな効果があるのか」

Whatは、「どんな特徴があり、どんな効果があるのか」です。

つまり、「他店との違い」です。「その施術やサービスを受けることによってどんな効果があるのか」をきちんと明記してください。

 

Who「どんな人が施術するのか」

どんな人が施術するのか」という意味です。

写真を付けることも大切ですし、「どんな経歴があって、どんなプロフィールのどんな実績がある方なのか」ということもユーザーは見ています。ぜひそれらを網羅していただきたいです。ホームページのアクセス数を見ると、必ずどこのサイトも上位5位までに入るのが、「スタッフ紹介」のページです。

どこのサイトでもアクセス数が多い、とても重要な要素なので、きちんと記載してください。

 

Who else「他には誰が利用しているか」

6つ目のWho elseは、「他には誰が利用しているか」ということです。

「どんな症例のどんな方がお店を利用したのか」ということをユーザーは知りたいのです。他の人が利用していないと、ユーザーは不安になってしまいます。例えば、ラーメン屋でも行列ができていると「美味しいのだろうな」と気になるように、誰かが利用しているということは安心に繋がります。

そのため、新規のお客様が安心できるように、利用されたお客様の顔写真を載せているサイトもあります。たくさんの人が利用していることでユーザーに安心感が生まれるため、「誰が利用しているか」を記載してください。

 

How「どのようにして施術が進んでいくか」

7つ目のHowは、「どのようにして施術が進んでいくか」ということです。

「どういう技術を使っているか」や、「どういった流れで施術が進むのか」がわからないと不安な方が多いので、それらを明記しましょう。この「施術の手法や流れ」についても、サイト内に専用のコンテンツを作ってください。

 

How many「何人の実績があるか」

これは、「何人の実績があるか」ということです。

先ほどの「Who else」に似ていますが、「これまでに何人の人に関わってきたのか」、「どれだけの実績があるのか」もユーザーが知りたいことなので、「何人が」ということに対しても答えを提供してください。

 

How much「いくらなのか」

How muchは「いくらなのか」ということです。

特に治療院は、実費での治療が増えつつあり、値段が高額になってきています。そのため、ユーザーはいくらかかるのかが気になっているのです。「通常料金」と、もし「初回お試し価格」などがあれば、載せてあると安心です。

 

How to book「どのように予約するのか」

How to bookの「book」には「予約する」という意味があります。

「どのように予約するのか」が明記されていることはとても重要です。

 

さいごに

今回の「6W4H」を抑えたページコンテンツを作ることによって、お客様が知りたい情報を漏れなく答えられるサイトになります。Googleのランキングでも、その地域で高い確率で上位表示されやすいページになります。

ぜひ、ご活用ください。