MEO対策にかかる費用は?外注する際の契約形態、業者選びの注意点

投稿者プロフィール

栃本常善(トッチー)
栃本常善(トッチー)代表取締役/マーケター
株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/Web集客に強いマーケター/ これまで累計90業種以上のビジネスに関与。中小企業・ローカルビジネスのためのWebマーケティングをワンストップで支援する/自身でセミナールームや整体院、zoom配信サポートなどの事業を経営。著書に「ローカルビジネスのためのWebマーケティングが基礎から学べる本」(つた書房)がある。SEO/MEO対策、優良顧客を集めるためのメディアミックス、Webマーケティング戦略にめっぽう強い。

MEO対策を業者に依頼しようと考えている場合、初期費用として0~5万円、月額費用として2~5万円程度の費用がかかると考えられます。比較的安価に始められるMEO対策ですが、外部業者に依頼することで様々なメリットがあることを覚えておいてください。確実で迅速な成果を求めるのであれば、業者に依頼した方が費用対効果は高くなる可能性が高いです。とはいえ、MEO業者によって対策内容やサービス費用が異なるので、価格だけで選ぶのではなく、自社に合った業者を選ぶとよいでしょう。


◆関連ページ
安定集客する!MEO対策強化のためのGoogleビジネスプロフィール運用代行


MEO対策費用を決める要素

MEO対策の費用を決める主な要素は以下の通りです。

【1】初期費用

代理店によっては、Googleビジネスプロフィールへの登録やアカウント設定に初期費用がかかる場合があります。しかし、MEOは比較的簡単に導入できるため、初期費用がかからない代理店も多くあります。ただし、初期費用を安く設定し、月額費用を高く設定している代理店もありますので、注意が必要です。

【2】対策キーワード数

MEOでは、あらかじめ対策のキーワードが設定されています。そのキーワードで検索されたときに上位に表示されるように対策を行う。キーワードの数は4~6個程度が基本だが、業種や対策方針によっては、より多くのキーワードを設定することもある。キーワード数が多いほど、コストが高くなります。

【3】順位計測システム

MEO対策は、Googleビジネスプロフィールへの掲載情報を充実させ、ランキング測定システムなどで結果を測定し、その結果を分析することでさらに情報を充実させるというものです。

代理店が独自にランキング測定システムを開発・導入している場合は、その使用料を請求することがあります。

ただ、実際のところは、Googleマップの検索順位というのは、人の位置情報やユーザーがどこにいるのか?によっても検索結果が変わりますので、順位計測システムによる順位を弊社はあまり重要視しておりません。むしろ、順位計測システムがあることにより、費用が高くなっている場合も大いにありますので、本当に必要かどうかの見極めも必要です。

【4】サービス内容

MEO対策の内容は様々ですが、基本的なサービスとしては、Googleビジネスプロフィールのアカウント取得、初期情報の入力、対策キーワードの設定、評価測定ツールによる分析、改善提案などが一般的です。

また、代理店によっては、写真撮影、動画撮影、ホームページ制作、SEO対策などの独自のサービスと、担当者との定期的な打ち合わせを、少し高めの料金で提供しているところもあります。MEOサービスを利用する場合は、自社の予算や希望するサービス内容に合わせて、プランを選ぶとよいでしょう。

◆関連ページ
安定集客する!MEO対策強化のためのGoogleビジネスプロフィール運用代行

MEO対策の契約形態

MEOで業者に依頼する場合の契約形態は、大きく分けて「成果報酬制」と「月額固定制」の2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自社に合った契約を選択するのが良いでしょう。

成果報酬型

報酬は、対応するキーワードの上位3位に自社情報が表示される頻度に応じて支払われます。例えば、1日1,000円で15日間成果を出すことができれば、報酬は1,000円×15日で15,000円となります。成果が出なければ報酬は発生しないので、余計なコストがかかりません。また、成果が出た日数によっては報酬が高額になる可能性があるため、上限額を設定している代理店もあります。成果報酬型は、1日あたり800円~1,200円、上限額は2万円~5万円程度が一般的です。

月額固定型

上位に表示された日数に関わらず、月額固定で料金が発生するタイプです。料金体系がシンプルでわかりやすく、予算も立てやすいのですが、成果が出なくても支払わなければならないのがデメリットです。

このタイプの月額固定料金の相場は、約2万円~5万円です。

MEO対策業者の一般的な契約期間

MEOの契約期間は、通常6ヶ月から1年、もしくは2年契約が多いです。これは、MEOは成果が出るまでに1ヶ月から数ヶ月かかり、分析結果をもとに改善を繰り返す必要があるためです。1〜3ヶ月のトライアルプランを用意している会社もありますが、MEO対策の性質上、そのような短期間で劇的な成果を出すことは難しいと言えるでしょう。

MEO対策を行う場合は、長期間にわたって対策を継続できるような予算を確保するようにしましょう。

MEO対策の業者を選ぶ際のポイントと注意すべき点とは?

MEOの代理店を選ぶ際には、いくつか注意すべき点があります。MEOは比較的新しい技術であるため、新規のMEO代理店も数多く存在します。その中には、MEOの知識がなく、質の低い代理店も存在します。ここでは、数ある代理店の中から優良な代理店を選ぶためのチェックポイントを説明します。

実績があるかどうか

MEO業者の中には、ホームページで実績や成功事例を紹介しているところも少なくありません。業者選びの際には、そうした情報を参考にするとよいでしょう。取扱件数の確認も必要ですが、自社の業態やニーズにマッチした業者かどうかも重要です。実際に上位表示を実現した実績があるかどうかのチェックは非常に重要です。手厚いサービスや料金の安さではなく、どの程度、上位表示を実現できる実力があるかが非常に重要です。

◆株式会社マーケティング・エッセンシャルズのMEO対策の実績は以下よりご覧いただけます。
安定集客する!MEO対策強化のためのGoogleビジネスプロフィール運用代行

料金

MEO対策を行う人が増えたことで、MEO業者の数も増え、価格競争も激しくなっています。クライアントからすると、代理店手数料が安くなるのはありがたいことですが、手数料だけでなく、料金設定の透明性や手数料が適正かどうかも見ておく必要があります。

事務所によっては、初期費用が安い代わりに月額費用が高く設定されていたり、成果が出ないのにオプションで追加費用が発生するような提案をしているところもあります。複数の業者を比較し、費用相場や基本的なサービス内容を頭に入れておくとよいでしょう。業者によっては、サービス開始後に追加料金を提案する場合もあるので、事前に細かい点をよく確認しましょう。

サービス内容や契約形態

代理店を選ぶ際には、いくつかの点に留意することが重要です。まず、一般的には費用が安い代理店を選ぶのがよいでしょう。ただし、必要なサービスがすべて提供されているか、また、そのサービスに対して妥当な費用かどうかを確認することが重要です。

また、どのような契約を結ぶかを検討することも重要です。一般的には成果報酬型の契約が主流ですが、月額固定費の契約の方が良いケースもあります。例えば、競合が少ない業界や地域であれば、検索結果で上位に表示されやすく、結果的に料金が高くなる可能性があります。

ですから、地域や業種、予算に応じて、どちらの契約形態が良いかを判断する必要があります。また、成果報酬型を選択する場合は、上限金額も確認しておく必要があります。

キーワードの数と選定方法

前述したように、MEOではキーワードを設定し、そのキーワードで検索結果の上位に表示されるように対策を行います。ユーザーのニーズや自社の強みを把握し、適切なキーワードを適切な数だけ設定することで、対策の効果が現れやすくなり、集客や増患につながります。対策事業者がどのようにキーワードを設定しているかをよく確認することが大切です。

 また、キーワードは多ければ多いほど良いというものではありません。キーワードの数が多ければ、コストはかかりますが、効果は高くなります。設定するキーワードの数は、地域や業種によって異なるので、業者と相談しながら適切な数を決めましょう。

Googleアルゴリズムを理解しているか?

Googleのガイドライン違反とされる行為はいくつかありますが、最も多いのは名称に関する違反です。例えば、接骨院の名前が「やまだ接骨院」であるにもかかわらず、「交通事故治療のやまだ歯科」など、キャッチコピー的な文章などの他の文言を加えてしまうと、ガイドライン違反となります。

また、Googleの口コミをお願いする際に、顧客に金銭的なものや何らかの特典を提供することを引き換えに口コミ投稿を促進する行為も禁止されております。こういったことを知らずに、特典を渡して投稿を促進しましょうとアドバイスしている業者もあるようです。

◆関連記事
MEO対策で上位表示する方法&Googleマップ検索アルゴリズムを徹底解剖!

ノウハウの提供

MEO業者を選ぶ際には、その業者がどの程度ノウハウを開示してくれるかを必ず確認すること。MEO対策に関する記事の配信、セミナーの開催、メールでの情報配信など、ノウハウの公開方法は様々ですので、どのような情報があるのかを事前に把握しておきたいところです。


◆関連記事
【有料級】自分でMEO対策をする具体的な12の方法と運用4つのポイントを完全解説!

どんな業界にお客様がいるか?

MEO業者を選ぶ際には、どのような業種を得意としているのか、どんな業界のお客様がいるか?を確認することが重要です。競合や業種の知識があることで、より良いGoogleビジネスプロフィールを設定し、対策することができるからです。

MEO業者にどの業種を得意としているのかを確認することで、対策を実施後のギャップをなくすことができます。特に、Googleビジネスプロフィールの仕様が大きく変わる「ホテル」「飲食」、医療広告ガイドラインの対象となる「医療」などの業種は重要です。

こんな営業をしてくるMEO業者・営業会社には要注意!


「MEO対策で順位を上げます!」というMEO対策サービスを売る営業会社や業者は沢山あります。店舗経営をされており、連絡がきたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こういった営業会社からの電話がまだまだあるようです。しかし、単刀直入に言うとこのような営業をしてくる会社には要注意です。

なぜなら、GoogleマップやGoogleビジネスプロフィールだけのことを考えていても実店舗の集客には直結しないからです。順位を上げることだけが重要なのかというと、決してそうではありません。そこで今回は「GoogleマイビジネスやMEO対策で順位を上げます」という営業はなぜ注意が必要なのかを解説します

1.順位至上主義は要注意

お店情報の口コミやサービス内容、写真、投稿内容などの対応をするのではなく、掲載順位にこだわっていたり、1キーワードに対しての成果報酬型だったりする企業は注意しましょう。上記でも説明したように、検索の順位をあげれば良いわけではありません。

Googleマップ検索で上位3件に表示されても、そのほかのビジネスを見る方が多くいらっしゃいます。そのため、お店情報の内容や質を充実させることが大切です。

集客と検索上位はイコールではありません。上位表示だけに囚われず、お店の内容を充実させたページを作成する業者を選びましょう

2.MEO対策に対して実際のところどんな施策を行っているかを具体的に教えてくれない会社は要注意

MEO対策について、どんな施策をしているのか訪ねても「企業秘密」と言って教えてくれない企業があります。こういった企業はあえてブラックボックスのように見せているケースが多いのです。しかし、MEO対策には秘密がなく、情報はほぼ出回っています。

企業秘密という会社ほど、WEBサイトの体裁を整える程度の作業しかせず、口コミを書きましょうというアドバイスをするくらいです

MEO対策は非常にシンプルで、やるべきことは決して多くはありません。どんな対策をしているのかをきちんと答えてくれない企業は注意した方が良いでしょう。

3.複数キーワードを対策しない業者は要注意

検索上位に表示させるためには、業種名キーワードを抑えれば良いだけではありません。むしろ業種名が一番難易度が高いといわれています。そのため、そこからさらに絞ったワードやサービス名で絞っていくのが重要です。

キーワードを横に広げるのではなく、業種名を抑えるだけの業者は要注意です。キーワードを複合的に横に広げて対策することでアクセスが伸びやすくなるため、集客するという目線でしっかりと対応してくれる業者を選びましょう

順位を上げるだけでは集客効果があまりない理由



それでも、まずはどうしても順位を上げたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、順位を上げた方が閲覧数やアクセス数は間違いなく増えます。ただ、順位を上げたところで、以下のような状態ではあまり意味がありません。

  • 口コミ評価が悪い、もしくはレビューコメントが少ない
  • 写真がまったく投稿されていない、印象が悪い写真が多い
  • スマホで撮ったような写真ばかりで、クオリティの高い写真が投稿されていない
  • 説明文が適当な文章になっている
  • Webサイトが丁寧に作り込まれていない

などなど。


検索順位が上位に出ている方が確かに閲覧数は増えるかもしれませんが、大事なことは皆様のビジネスの集客・問い合わせ・予約が増えることです。それを踏まえてMEO対策をしていただきたいと思っています。

MEO対策=順位を上げることではなく、あくまでユーザーの求めているものに合致した情報をしっかり適切に提供すること。それがMEO対策の本質であり、その結果として予約・問い合わせが増えることが重要なのです。

しかし、MEO対策を行なっているほとんどの業者は、Googleマイビジネスの情報を編集しているだけといわれています。説明文の作り替えや、口コミ評価に関わる「口コミレビュー」をもらうためのアドバイス、Webサイト表示についてなど、重要なところには関与していないのです。

究極のMEO対策は、ホームページのSEO対策も合わせて行うことが重要


私たちが関与させていただいているお客様には、MEO対策だけではなく、まずはSEO対策からしっかり取り組んでいくことの重要性をお伝えしています。

SEO対策をしっかりと行い上位に表示されるようになれば、自ずとGoogleマップ検索の順位もそれに伴って紐づいていきます。そうなれば、わざわざMEO対策として特別なことをやる必要もないのです。(もちろんライバル店舗の取り組み次第ではありますが)

SEO対策として、居酒屋を例にすると、イタリアンや中華などのテイスト、個室や大人数対応などお店の特徴や個性を伝えるWebサイトのページや情報が重要です。

さらに、「中華」のワードで順位を上げたければ、中華のメニューを、エステや整体院で「脱毛」や「小顔矯正」のワードで順位を上げたいのであれば、脱毛や小顔矯正に特化したページをしっかり作り、対策をする必要があります。

◆関連記事
【SEO対策超基礎】メリデメ、キーワードの選び方、具体的な対策方法まで一挙解説!


◆関連ページ
順位アップ保証付きのSEO対策に強い会社ならマーケティングエッセンシャルズへ

まとめ

◆MEO対策の契約形態は、
・成果報酬型か月額固定型の2パターンがほとんど
・契約期間は6ヶ月〜1,2年くらいが一般的

◆MEO対策の業者を選ぶ際のポイントは7つ
1、実績
2、料金
3、サービス内容・契約形態
4、キーワード数と選定方法
5、Googleアルゴリズムの理解
6、ノウハウの提供があるか
7、どんな業界のお客様が多いか


などを事前に確認してMEO対策を依頼するかどうかを判断するのが良いと思います。

ぜひ、本記事を参考にしていただき、業者選定をぜひしてみてください。最後までお読みいただきましてありがとうございました。