【MEO対策】Google口コミを増やす具体的7つの方法

投稿者プロフィール

栃本常善(トッチー)
栃本常善(トッチー)代表取締役/マーケター
株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/Web集客に強いマーケター/ これまで累計90業種以上のビジネスに関与。中小企業・ローカルビジネスのためのWebマーケティングをワンストップで支援する/自身でセミナールームや整体院、zoom配信サポートなどの事業を経営。著書に「ローカルビジネスのためのWebマーケティングが基礎から学べる本」(つた書房)がある。SEO/MEO対策、優良顧客を集めるためのメディアミックス、Webマーケティング戦略にめっぽう強い。


今回のテーマは、「(Googleマイビジネスで)口コミを増やす具体的な7つの方法」をご紹介します。



動画でも解説をしています。動画でご覧になりたい方は以下より再生ください。

↓↓↓

 

Googleマイビジネスで口コミを増やしていきたい方、多いと思われます。

この記事を見て頂いている方の中には、なかなか口コミが増えないとお悩みな方が多いと思いますので、今日は、口コミを増やすための7つの方法についてお伝えしていきます。


この記事を見て頂いて、7つの方法を実践するだけで、それ以外のテクニックや方法はないです。

今回ご紹介する内容を実践していただくことで、確実に口コミが増えると思います。

もし今回の内容を実践して増えない場合は、他の所に問題がある可能性がありますので、原因を探ってそちらを改善していくしかないと思います。

そのため、今回ご紹介する内容を実践して頂けますと幸いです。

口コミ投稿をお願いする

まず、口コミ投稿をお願いして下さい。

口コミは勝手に増えるものではないか、POPを貼っていれば増えるのではないか。思われる方もいらっしゃると思いますが、口コミが必要だということは言わないとお客様は分かりません。

そのため、「口コミ投稿をお願いします」という事を必ず直接言ってください

喜んでいただいたり、満足して頂いたり、成果が出た方に対して必ずお願いをしてください。

そして、お願いをする時に必ず「○○という理由でぜひ口コミ投稿お願いします」と、口コミを書いて欲しい理由を一言添えましょう。

なぜ口コミを書いてほしいのか、理由を添えて口コミ投稿をお願いしてください。

理由があるかないかはとても大きな違いです。

単なる「口コミを書いてください!お願いします!」ではなく、なぜ書いてほしいのか、気持ちを込めて伝えて頂きたいです。

理由があるかないかで人の行動を促せる確率が上がるというのは、行動心理学の世界でも有名な話です。

詳しく知りたい方はロバート・B・チャルディーニという方が書かれた「影響力の武器」という本をご覧ください。

口コミ投稿画面への直リンクをコピーして常に取り出せるようにしておく

Googleマイビジネスの管理画面に、Google口コミの投稿するためのリンクを発行するところがあります。

そこのリンクをコピーして頂いてお客さんとLINE交換する時、必ずリンクを送ることをして頂きたいです。


その場で口コミを書いていただくことが一番ですが、中々難しい場合もあります。

その場合、Googleの口コミ投稿画面に飛ぶためのリンクを発行できますので、そのリンクを後日かその日にお礼メッセージと一緒に「良ければ口コミを書いてください」と添えて、直接お客様に送ってください。


そうすることで、お客さんはリンクをクリックするだけで直接、投稿画面に飛ぶことが出来ます。

ご自身でGoogleマイビジネスまで行き、口コミ投稿画面を探してやってくれる人は極少数ですので、投稿しやすいようにこちらで準備していただくのが良いです。


口コミ投稿画面への直リンクをQRコード化して、口コミ投稿促進のPOPを作成する

リンクだけではなく、QRコードにしてPOPを店内に貼っておく、または名刺サイズのカードを作って「口コミをお願いします」とお渡ししてください。


そのようにすると、持ち帰って頂ければ、思い出した時に投稿してくれるかもしれませんし、案内文を添えた形でお渡しして頂くと良いです。


POPを受付横やお客さんの目に止まりやすい場所に設置

先ほど申し上げた「口コミ投稿お願いします」というPOP、またはカードを出来れば受付横の目が留まりやすい場所に設置しておくことが望ましいです。

そのようにすると、「口コミを集めたいのだな」と知っていただけますので、とても重要になってきます。


LINEメッセージで再度お願いする

口頭で言うのとLINEやメールで後日伝える事で、2回伝える事ができますので、かなりの確率で口コミを書いて頂けます。

このような行動をしないと口コミは増ませんので、必ずこういうことはやって頂きたいです。


口コミ投稿をお願いする際に、お客様とコミュニケーションをとる

口コミが増えないのであるとすると、何か書かない理由がありますので、その理由をしっかり詰めて頂きたいです。

お客様が満足していない、効果を感じていない、もしくは「口コミを書いて名前が出るのが嫌だ」という理由もありますので、そのようなところはお客様としっかりコミュニケーションを取って頂きたいです。

例えば、口コミを書いて実名がでるのが嫌なお客様であれば、Googleで別のアカウントを作って頂いて書いてもらう方法もあります。

Googleでは実名が出てしまいますが、別の偽名アカウントを作って投稿していただくことも可能ですので、そのようなお願いをすることで口コミをお願いするハードルを下げることが出来ます。


Googleアカウントを持っていない人には登録方法を教えてその場で一緒に作ってあげる

Googleアカウントを持っていない人も中にはいらっしゃいます。

そのような方に関しては、登録方法をマニュアルなど作り、その場で登録を一緒にサポートするなどの努力は必要になってくるでしょう。

お客様全員がGoogleアカウントを持っているわけではありませんので、持っていない方に関しては、登録方法を一緒にサポートしてあげるのが良いです。

流さずできる限りその場で書いてもらうようにお願いする

「書いてくださいね!」で終わらせるのではなく、「書き方分かりますか?」「投稿方法わかりますか?」と聞き、「良かったら、この場で、サポートさせていただきますが、いかがですか?」といった感じに、一緒にその場で口コミを書いてもらう。

ということまで、しっかりやっていただけると、確実に書いて頂けます。


まとめ

今回は7つの方法をお話させて頂きました。

口コミですが、ずっと残っていくものなので資産になっていきます。

例えば、ホームページでいくらアクセスを集めても、最終的には口コミを見たり、レビューを見たりして来店するかどうか考える流れになっています。

その時に、Googleマイビジネスのレビューがしっかり入っていると、ここだったら大丈夫そうだな、行ってみよう」という最終決定をする所で、レビューを見て判断するユーザーが非常に増えてきていますので、レビューが悪い、少ない、となると不安になってしまいます。

そうすると、レビューが多い、評価がいい所に流れてしまうのが世の中のWEBの動きではありますので、しっかり押さえて頂いて口コミ対策をぜひやって頂きたいです。



>>Googleについて詳しく知りたい人はこんな記事もあります。