SEOを業者に丸投げするのは絶対にやめてください

投稿者プロフィール

栃本常善
栃本常善株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/ローカルWeb集客の専門家
「顧問税理士と同じように中小企業に1人のWebコンサルタントが顧問契約することを当たり前にする」をビジョンにローカルビジネスWeb集客の専門家としてこれまで90業種以上600社超の企業や店舗、個人のWebマーケティングに関与/コンサル未経験から3ヶ月でWebコンサルになれる「Webコンサルタント養成講座」を主宰し、Webコンサルを育成するコンサルタントとしても活動する。

SEOを成果報酬でやります

みたいなSEO業者から

電話営業されたことありませんか?

たぶん事業経営していると

一度は絶対に電話営業を

されたことあるんじゃないでしょうか?

SEOで上位に表示されなかったら

費用を払わなくていいんですから、

めちゃくちゃ聞こえはいいですよね。

しかし、これに落とし穴があるんです。

その依頼したキーワードで

上位表示に繋がったからと言って

本当にあなたの顧客から

問い合わせはあるんですか?

対策してもらうキーワードは

集客や売上につながる

キーワードですか?

検索キーワード(クエリ)

は多種多様になってきています。

そんな簡単に想定できる

単純なキーワードばかりでは

なくなってきていますし、

本当に困っている人や

悩みや問題を解決したい

という意欲がある(ニーズがある)

ユーザーは、

もっと具体的な

検索キーワードで検索をかけています。

名古屋 税理士

じゃなくて、

名古屋 税理士 節税に詳しい

名古屋 税理士 経営アドバイスできる

名古屋 税理士 個人 安い

名古屋 税理士 女性 

名古屋 税理士 クラウド会計対応

など

必ず、ユーザーが求めている

ニーズがキーワードに入ってきます。

SEOって本質的には

マーケティングがちゃんと

わかっていないとできないです。

で、多くのSEO業者は

マーケティングをちゃんと

わかっていません^^;

「マーケティングがわかっている」

というのは、

ユーザー理解と売り手理解をし、

適切に繋げることです。

SEOは、ユーザー理解を

深めること一番の

センターピンです。

あなたの顧客は

税理士にどんなことを

求めているのか?

そして、あなたは

どんなことを得意としているのか?

これらがまずちゃんと

言語化できていますか?

上記の場合でいえば、

クラウド会計が別に得意ではないのに、

名古屋 税理士 クラウド会計

名古屋 税理士 freee

といったキーワードで

上位表示されても

微妙過ぎますよね。

ユーザーがその業種に

求めていることと

あなたがユーザーに

提供できることの

(提供価値や専門分野、強み)

マッチングができていないと

どんなキーワードで

上位表示しようが、

的外れてのアクセスや

問い合わせが増えるだけです。

だから、SEO対策を

戦略的にしていないと、

問い合わせが増えても、

逆に生産性が下がるだけなので、

無策のSEOはやめたほうがいいです。

成果報酬型SEO業者は

あなたの会社が儲かることなんか

1ミリも考えていません。

ひたすら考えているのは

SEOで依頼されている

キーワードを上位に

表示されることだけです。

なので、だいぶ長くなりましたが、

結論

SEO対策は丸投げではなく、

本質的にマーケティングを理解している

SEOコンサルタントや

Webコンサルタントに

相談をしながら、

二人三脚で進めていくのが

最も一番無駄がない

お勧めのやり方です。

で、コンテンツ作りは、

やっぱり外部100%ではなく、

多少AIを使ってもらうのは

もちろん良いと思いますが、

事業者自身が必ず手を加え、作りましょう。

今回の2024年3月のGoogleコアアップデート

の内容にもありましたが、

独自性、オリジナリティ

コンテンツでは何より重要視されています。

外部業者に丸投げして、

独自性の高いコンテンツが

作れますか?

作れるわけないですよね。

AIや外部業者に頼ることは

全然いいのですが、

丸投げだけでは絶対にやめましょう!

というのが私の結論です。

楽して上手くいく、

上手く行き続ける

ことなんて絶対ありません。

楽して上手くいくなら、

それは簡単に崩れ落ちるものです。

最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。