なぜ、整体院経営なのか?

私が最近になって

最もよく聞かれる質問に

「なんで、整体院経営を

しようと思ったんですか?」

という質問です。

弊社が経営する整体院「尾張旭ME整体院

お会いする方にはお話をするのですが、

こちらのブログでしっかりと書いて

おきたいと思います。


マーケティングエッセンシャルズの栃本常善とは、

顧問税理士と同じように
中小企業に1人のWebコンサルタントが
顧問契約することを当たり前にすること

をビジョンに


ローカルビジネスのWeb集客の専門家として
これまで90業種以上600社超の企業や店舗、個人の
Webマーケティングに関与。

また、コンサル未経験から3ヶ月でWebコンサルになれる
「Webコンサルタント養成講座」を主宰し、

中小企業を支援するWebコンサルタントを育成する
コンサルタントとしても活動する。


先に結論から言うと、

知識や情報ではなく経験をベースにして

コンサルティングできるようにしたかったから

という理由が一番大きいです。

令和時代は特に、

実際に経験をした上で

語っているかどうか?

という本質・本物だけが

残っていくと思います。

だって、情報はいくらでも

溢れていますからね。

で、私がなぜこう思うようになったか

というのには過去の経験があったからなのです。

私が2011年4月から

Webコンサルタントに転職し

働き始めたころの話です。

毎日毎日電話営業のコールを

200件かけ続ける日々。

WEBコンサルタントに

なってみたものの、

新規営業して、受注した

お客様のホームページを

ディレクターとして企画から制作に関わり、

最終的に2ヶ月ほどで納品します。

その後は、そのホームページを

活用して集客できるように

サポートしていくわけなのですが、

当時は、ブログをどんどん書けば

アクセスが増えて、検索順位も

上位に上がり、集客につながる時代でした。

しかし、そうはいっても

なかなかブログを

書いてもらえなかったのです。

「ブログ書きましょう」

ブログ書かないとアクセス伸びないので、

なんとかブログを書く時間を捻出してください」

と口酸っぱく言っていました。

書いてくれる人は、

顧客の2割ほどだったと思います。

「なんでみんな書いてくれへんねん、、、

ブログ書けば集客に繋がるのに。」

と悩む日々でした。

ですが、ふとある時思ったのです。

「自分がそもそもブログを

書いてもいないのに

なんの説得力もないやん」

あとは、いろいろなアドバイスを

お客さんにするものの

どこかで「自分は何もやっていないのに」

と思いながら、ずっと

アドバイスをしていました。

これがまさに机上の空論ってやつですね。

この時の経験があるからこそ、

今自分の会社を経営していて

大切にしていることは、

私たちはWebマーケティングのプロ集団であり、

常にクライアントにとってのリーダーである

というマインドセットです。

知識や情報を単にクライアントに

伝えるのって正直に言って

誰にでもできることで、

それはプロの仕事ではないです。

いかに、経験や体験を通じて

人に伝えられるか?

がめちゃくちゃ大事だし、

そういう人の言葉って重みも違うし、

相手の感じ方も全然違います。

Webマーケティングの

専門家っぽくない表現ですが、

経験をベースに語っている人

の言葉って、そこから発せられる

波動やエネルギーがまったく違うんですよね。

ちょっと話が脱線しかけましたが、

整体院経営をしようと思った理由は

まさにローカルビジネスの経営の経験をする

というのが一番大きかったです。

やっぱり、

Web制作・Webマーケティング会社の経営と

店舗型ビジネスの経営は全然違います。

だから、実際やってみないと

クライアントの目線や立場を理解すること

ができないんですよね。

整体院経営をし始めたことで

効果があることないことがはっきりわかるし、

今まで提案していたことが

いかに表面的だったんだな

ってことも露呈するので、

より一層無駄なことをいかになくし、

成果につながる優先順位の高いことから

取り組むことの重要性をより考えて

クライアントに提供するようになりましたよね。

弊社の理念は

Essential&Growth(本質と成長)

常に本質的に関わり、中小企業にとって不可欠な存在になる。

中小企業の成長に関わり、自分たちを成長させよ

です。

この理念を大事にしながら

これからもぶれずに経営していきます。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。