MEO対策とは?メリットデメリット、業者の選び方などを完全解説!

投稿者プロフィール

栃本常善(トッチー)
栃本常善(トッチー)代表取締役/マーケター
株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/Web集客に強いマーケター/ これまで累計90業種以上のビジネスに関与。中小企業・ローカルビジネスのためのWebマーケティングをワンストップで支援する/自身でセミナールームや整体院、zoom配信サポートなどの事業を経営。著書に「ローカルビジネスのためのWebマーケティングが基礎から学べる本」(つた書房)がある。SEO/MEO対策、優良顧客を集めるためのメディアミックス、Webマーケティング戦略にめっぽう強い。
Googleマイビジネスは、2021年11月に「Googleビジネスプロフィール」に名称変更されています。ご注意ください。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)がかなり一般的に認知されてきましたが、今回の記事では、会社や店舗の情報をマップ上などに表示するサービス「Googleビジネスプロフィール」によるMEO対策って何?メリットデメリット、注意点、SEOとMEOの違い、MEO業者選びで失敗しないためのポイントなどをわかりやすく解説していきます!

本記事を読んでGoogleビジネスプロフィールを攻略していただくことで、Googleマップ検索で上位表示をすることでWeb集客を増やしていただければ嬉しいです。

MEO(Googleマップ)対策とは?

 

MEOとは Map Engine Optimization の略称で、MEO対策とはGoogleビジネスプロフィールというGoogleが提供するWebサービスを使い、Googleマップ検索での上位表示を狙うための対策の事です。

上記の画像のようにGoogleで検索をかけた際、Googleマップ上にビジネス情報を上位表示させることができます。

特に地域密着型・店舗型・事務所型のビジネスをしている方には、絶対に行っていただきたい対策です。なぜなら、通常のホームページを検索結果の上位に表示するSEO対策に比べて、いまのところ本格的に取り組んでいる事業者が少ないため難易度が低く、比較的短期間で上位表示をすることができるからです。

比較的安価で対策することができ、なおかつ即効性があるなど、メリットが多いことから近年注目されているのがこのMEO対策になります。

MEO対策の5つのメリット

1 低コストで対策が可能!

おそらくWebマーケティング分野の中で最もハードルが低く、コストも安く済むのがMEO対策です。自分で対策できる方も多くいらっしゃいますが、それでもなかなか効果が出せない、運用を継続できないという方もいらっしゃいます。そういった方には弊社では格安料金でサポートしております。

◆関連ページ安定集客する!MEO対策強化のためのGoogleビジネスプロフィール運用代行

2 ニーズのある今すぐ客からの集客が見込める

Googleマップの検索結果は、基本的に「地域名」が入った検索キーワードしか表示がされません。そのため、その地域にいるニーズの高いユーザーにピンポイントでアプローチができる手法になるため、正しいMEO対策を実施することで、短期間で集客効果が見込めます。

3 認知度を高めやすい!

MEO対策をすることで、その地域の見込み客に対して自社・自店舗の名前が検索結果に表示されます。問合せやホームページへのアクセスを獲得できるのはもちろん、その他の方にも表示されるため、地域における認知度を一気に高めることができます。インサイトデータで表示回数、閲覧回数を確認できますので、その辺りは数字でしっかりと確認することができるため効果を実感いただけると思います。

◆関連記事Googleビジネスプロフィール運用で超重要!インサイトの分析から集客キーワードを見つける方法

4 信頼度を上げられる!

口コミ強化をすることで、着実にユーザーからの信頼度をアップさせることができます。多くのユーザーがお問い合わせや来店前など検討段階で口コミのレビュー内容と評価をチェックすると言われています。質の高い口コミを集めることでユーザーからの信頼度アップをすることができます。

◆関連記事【MEO対策強化】Googleマップの口コミレビューを増やす具体的7つの方法

5 ホームページ集客の効果を底上げできる!

MEO対策を強化することで、ホームページからの集客数を底上げすることができます。業種によりますが、MEO対策による効果だけで月間150〜1000件のアクセスを集めている事例が多数あります。しかも地域名や地元のお店・会社を探しているユーザーからのアクセスですから、質の高いユーザーをホームページに誘導することができる手法になります。

◆関連記事 [Webコンサル直伝!]ホームページへのアクセス数を増やす38の方法

MEO対策3つのデメリット

誹謗中傷される可能性がある

ユーザーによる誹謗中傷が勝手に投稿される可能性がある点が一つ目のデメリットです。Googleビジネスプロフィールに登録することで、ユーザーが自分の感想を自由に投稿することができる機能を利用することができます。この口コミ機能では、ユーザーが自由に感想を述べることができるため、否定的な評価が共有される可能性があります。また、不利なレビューは、事業者が自由に削除することはできません。そのため、購入者を満足させるために、時間的な余裕を持って行動することが大切です。

すぐに成果が出ない

MEO対策は、無料でできる反面、すぐに成果が表れてこないのがデメリットになると思います。そのため、なかなか根気強く継続して対策・運用をしていかないと成果が出ないのが特徴です。これは、MEO対策に限らず、SEO対策に関しても同じことが言えるかもしれません。

コツコツ手間をかけないといけない

上記の「すぐに成果が出ない」とも通じる部分がありますが、一時的に集中して対策すれば一気に効果が上がるような特性のものではありませんので、コツコツ運用していく必要があります。例えば、写真をアップする、投稿をコツコツ更新する、口コミをお客様に依頼をして口コミコメントを継続して増やすなどといったことです。手間をかけて更新し、情報の鮮度を保ち、ユーザーにとって有益なビジネスプロフィール運営をしていくことで、結果として検索結果の上位表示や電話問い合わせ増につながっていきます。

 

MEO対策が向いている業種・向いていない業種

向いている業種とは?

  • 地域密着の事業者、店舗で地元のお客様を集めたい方

特に飲食店や整体・接骨院、マッサージ店、不動産事業者、美容室やエステ、ネイルなどの美容サロン、歯科、クリニックなどの医療機関などの店舗を構えて、地元に密着したビジネスを展開されている事業者さんはマストでMEO対策を行いましょう。

向いていない業種とは?

  • 商圏が広く、日本全国もしくは広域で事業を展開している方
  • 通販ビジネス
  • コンテンツビジネス
  • そのほか、地元の市区町村以外の地域名でMEO対策をしたい場合も向かない

SEOMEOの違い

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、サーチエンジン最適化の意味であるのに対し、MEOは「Map Engine Optimization」の略で、マップエンジン最適化を意味します。

つまり、SEO対策とはGoogleやYahooなどの検索エンジン上(自然検索結果)でのホームページの検索順位を上昇させること、MEO対策はGoogleビジネスプロフィール上(Googleマップ検索結果)とYahooプレイス上(Yahooマップ検索結果)での検索順位を上昇させることを指します。

SEO対策MEO対策
目的自分のWEBサイトを、Googleの自然検索結果で上位表示させることにより、WEBサイトへのアクセスを増やす。Googleビジネスプロフィールに登録されている自分の店舗を、Googleマップ上やローカルパックで上位表示させることで、来店や問い合わせ電話を増やす。
難易度あらゆるWebサイトが競合となるため高い競合が少ないため低い
効果が出るまでにかかる時間長期短期〜中期
運用を委託した時の費用高価になるケースが多いSEOに比べて安価
対策する場所Googleの検索結果Google検索、Googleマップの検索結果
対策内容自社HPでの内部施策自社サイトの対策+Googleビジネスプロフィールでの対策
始めるにあたって必要なもの自社サイトGoogleビジネスプロフィールへの登録

失敗しないMEO業者の選び方とは?こんな営業には要注意!

「MEO対策で順位を上げます!」という、MEO対策の会社や業者は沢山あります。店舗経営をされており、営業電話がかかってきたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近では、こうしたMEO対策の営業が増えていると聞きます。しかし、単刀直入に言うと、このような営業会社には要注意です。

なぜなら、GoogleマップやGoogleビジネスプロフィールのことだけを考えていても実店舗の集客には直結しないからです。マップ検索での順位を上げることだけがそれほど重要なのかというと、決してそれだけではありません。

MEO対策で失敗しないための業者の選び方3つのポイント

1.順位至上主義は要注意

お店情報の口コミやサービス内容、写真、投稿内容などの対応をするのではなく、掲載順位にこだわっていたり、1キーワードに対しての成果報酬型だったりする業者には注意しましょう。上記でも説明したように、検索順位をあげれば良いわけではありません。

 

Googleマップ検索で上位3件に表示されても、そのほかのビジネスを見る方が多くいらっしゃいます。そのため、お店情報の内容や質を充実させることが大切です。

 

集客と検索順位の上位化はイコールではありません。上位表示だけに囚われず、お店の内容を充実させたページを作成するようにしましょう。

 

2.MEO対策に対して実際のところどんな施策を行っているかを具体的に教えてくれない会社は要注意

MEO対策について、どんな施策をしているのか訪ねても「企業秘密」と言って教えてくれない企業があります。こういった企業はあえてブラックボックスのように見せているケースが多いのです。しかし、MEO対策には秘密がなく、情報はほぼ出回っています。

 

企業秘密という会社ほど、WEBサイトの体裁を整える程度の作業しかせず、口コミを書きましょうというアドバイスをするくらいです。

 

MEO対策は非常にシンプルで、やるべきことは決して多くはありませんどんな対策をしているのかをきちんと答えてくれない企業は注意した方が良いでしょう。

3.複数のキーワードを対策しない業者は要注意

検索上位に表示させるためには、業種名キーワードを抑えれば良いだけではありません。むしろ業種名が一番難易度が高いといわれています。そのため、そこからさらに絞ったワードやサービス名で絞っていくのが重要です。

 

キーワードを横に広げるのではなく、業種名を抑えるだけの業者は要注意です。キーワードを複合的に横に広げて対策することでアクセスが伸びやすくなるため、集客するという目線でしっかりと対応してくれる業者を選びましょう

参照MEO対策にかかる費用は?外注する際の契約形態、業者選びの注意点

まとめ

Googleビジネスプロフィール、並びにMEO対策の具体的なやり方、運用方法についてお分かりいただけましたでしょうか?

インサイトなど便利な機能もありますが、あまり結果に振り回されず、あくまで参考にするというスタンスで上手にビジネスに活用していきましょう!

◆より詳しくMEO対策を学びたい、攻略したいという方はこちらのレポートを無料でお受け取りください。