6種類のインターネット(Web)広告を紹介!メリット・デメリットも徹底解説。

近年、テレビや新聞などのマスメディアによる広告よりも、インターネット広告にコストを割く企業が増えています。

 

しかし、一口にインターネット広告といっても、その形式や課金形態などは様々です。

そこで今回は、インターネット広告についてメリット・デメリットを交えて徹底解説していきます!

 

 

インターネット広告の課金形態

インターネット広告には様々な課金形態があります。

 

・期間保証型

一定期間の掲載を保証する課金形態です。

特定の広告枠に掲載する期間により料金が発生します。

 

・インプレッション(表示)保証型

一定期間内にあらかじめ決めておいた一定の広告が表示された回数に達するまで広告の掲載期間を延長します。

 

・クリック保証型

一定期間内にあらかじめ決めておいた一定のクリック回数に達するまで広告の掲載期間を延長します。

 

・クリック課金(PPC)型

クリックされるごとに料金が発生します。

 

・成果報酬型

会員登録や商品の購入など広告によって一定の成果が得られた場合に料金が発生します。

 

・再生保証型

一定期間内にあらかじめ決めておいた一定の動画広告の再生回数に達するまで広告の掲載期間を延長します。

最後まで再生されて初めて1回再生にカウントする場合もあります。

 

 

6種類の主なインターネット広告

インターネット広告には大きく分けて6種類の広告があります。

 

・リスティング広告

・ディスプレイ(バナー)広告

・ソーシャルメディア広告

・アフィリエイト広告

・記事(ネイティブ)広告

・動画広告

 

 

リスティング広告の特徴

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される広告形式です。

検索結果の上など決められた場所に表示されます。

 

検索結果が影響するため時にSEOと混同されますが、SEOはお金がかからないのに対し、リスティング広告には費用が発生します。

その反面、近年SEOは検索上位にして目に留まりやすくするのが難しくなってきていて、リスティング広告はすぐに目に留まるように表示させられます。

どちらが良いかはケースバイケースです。

 

リスティング広告の主な課金形態 … クリック課金(PPC)型

 

リスティング広告のメリット

課金形態がクリック課金型であるため、低予算で始めることが出来ます。

また、ユーザーは目的をもって検索しているので、その目的に沿った広告を表示させられることにより、関心を持つ可能性が高いユーザーに効率よく働きかけられるというメリットも持ちます。

 

リスティング広告のデメリット

リスティング広告は誰にでも表示させられる訳ではないので、認知度向上には向きません。

また、こまめな運用、管理が必要になる点も気を付けたいところです。

 

 

ディスプレイ(バナー)広告の特徴

広告枠を持つサイトの広告スペースを買い取り、一定期間中テキストや画像、動画などの広告を掲載する広告形式です。

ユーザーの年齢、興味関心などの属性や、エリア、時間帯などの条件付きで表示させることも可能です。

これらの条件はDSPと呼ばれるツールで設定することが出来ます。

 

ディスプレイ広告では、リマーケティング(サイトリターゲティング)と呼ばれる手法をとることがあります。

これは、一度ウェブサイトに訪れたユーザーを追跡し、継続的に広告を表示させるというものです。

 

ディスプレイ(バナー)広告の主な課金形態 … 期間保証型、インプレッション(表示)保証型、リマーケティングの場合はインプレッション(表示)保証型、クリック課金型

 

ディスプレイ(バナー)広告のメリット

検索キーワードに左右されずに誰に対しても表示させられるため、認知度向上に適しています。

 

また、リマーケティングの手法を用いれば、一定の目的を持ったユーザーに働きかけられるため、様々な使い方が出来ます。

 

ディスプレイ(バナー)広告のデメリット

ディスプレイ広告はクリックされるかどうかに関わらず費用が発生するので、思うように効果を得られずに費用だけが高額になってしまう可能性があります。

 

リマーケティングを活用した場合、課金形態がクリック課金型の場合もあります。

ただし、リマーケティングの場合、ウェブサイトに訪れたユーザーのリスト(リマーケティングリスト)の精度を上げる工夫が必要になります。

リスト内に不要なユーザーが含まれてしまうと、コンバージョン(成果)1件あたりにかかった投資対効果が悪くなってしまいます。

 

 

ソーシャルメディア広告の特徴

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSを活用した広告形態です。

SNSによって特徴が異なりますが、どのケースもユーザーが通常の投稿のように「いいね」や「シェア」などのアクションをとることが出来ることが大きな特徴です。

 

ソーシャルメディア広告では近年、インフルエンサーマーケティングと呼ばれる手法がとられることが増えてきました。

これは、芸能人やSNSで大きな影響力がある人物などに商品やサービスの紹介をしてもらい、ユーザーを購買行動に繋げるというものです。

商材にあった人物を起用することで、売り上げを大きく上げられる可能性があります。

 

ソーシャルメディア広告の主な課金形態 … クリック課金型、インプレッション(表示)保証型

 

ソーシャルメディア広告のメリット

ユーザーがシェアすることで、想定より広い層に拡散されることがあります。

上手に拡散させられれば、小さなコストで大きな効果を得られる可能性があります。

 

ソーシャルメディア広告のデメリット

広告が拡散してもらえるかどうかは広告主が操作することができないので、思うように結果が出るかどうかは蓋を開けてみないとわからないと言えます。

 

合わせてチェック! Facebook広告の種類と配信方法を徹底解説!詳しくはこちら

合わせてチェック! Instagram広告の種類と配信方法を徹底解説!詳しくはこちら

 

 

アフィリエイト広告の特徴

アフィリエイト広告とは、アフィリエイターと呼ばれる個人や法人に依頼して自社の商品やサービスをブログやウェブサイト、メールマガジンなどで紹介してもらい、そこに設置したリンクを通して商品やサービスの購入や資料請求に繋げる広告形式です。

多くの場合アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を通してアフィリエイターに出稿依頼を出します。

 

アフィリエイト広告の主な課金形態 … 成果報酬制

 

アフィリエイト広告のメリット

ASPに利用料を支払う必要がありますが、多数のサイトにて宣伝ができます。

また、課金形態そのものは商品購入や資料請求といった目的を達成した場合に料金が発生する「成果報酬制」なので、料金は最小限で済みます。

 

アフィリエイト広告のデメリット

アフィリエイターがあまり記事を書かない場合、ASPの利用料金ばかりが発生してしまいます。

また、自社のイメージを損なわないために商品、サービスが誇大広告になっていないかなどを細かく管理する必要がありますが、ASPを経由していると広告の掲載先が把握し辛いという欠点もあります。

 

 

記事(ネイティブ)広告の特徴

記事広告は広告枠を提供しているサイトに依頼し、商品やサービスの宣伝記事を書いてもらう広告形式です。

通常の記事に混ざって表示されているため、ユーザーに違和感なく広告を表示させることができます。

また、広告であるということを明示しなければならないので、ステルスマーケティングとは異なります。

 

一見同じ記事形式であるアフィリエイト広告と似ているようですが、記事広告は個人や法人のアフィリエイターではなく広告枠を持つサイトに依頼すること、課金形態が成果報酬制ではなくインプレッション(表示)保証型やクリック保証型などであることが大きな違いです。

 

記事(ネイティブ)広告の主な課金形態 … インプレッション(表示)保証型、クリック保証型

 

記事(ネイティブ)広告のメリット

読み物としての体裁が整っているので、ユーザーから信頼を得やすいです。

高いブランディング効果に加え、商品やサービスの魅力をより多く伝えることができます。

 

記事(ネイティブ)広告のデメリット

他の広告形式と比べて、掲載場所や手間などにより費用が高額になりやすいです。

また、広告から直接自社のホームページに誘導できるわけではない点も注意が必要です。

 

 

動画広告の特徴

動画広告は、動画コンテンツを活用した広告です。

You Tubeなどの動画サイトに掲載される場合が多く、ディスプレイ広告の広告枠に掲載されることもあります。

 

動画サイトに掲載される広告は、一定時間以上再生されるとスキップすることが出来るものと、スキップ不可のものがあります。

スキップ不可のものは最後まで再生しなければならないため、ユーザーを不快にさせることがあるので注意が必要です。

スキップ可能の場合、最後まで見る判断をユーザーに委ねられるので、関心のあるユーザーのみに見てもらうことができます。

 

動画形式という性質上ユーザーの印象に残りやすく、通信速度が速くなった昨今、特に注目されている広告形式です。

 

動画広告の主な課金形態 … 再生保証型

 

動画広告のメリット

文字や画像だけでは伝わりにくい細かなニュアンスを伝えることが出来ます。

また、自動的に再生されるため、ユーザーが閲覧するまでの敷居が低いことも挙げられます。

 

動画広告のデメリット

動画そのもののクオリティによっては自社のイメージダウンになってしまう恐れがあります。

クオリティを求めると、制作会社に依頼しなければならないため、コストがかかってしまいます。

 

 

目的別おすすめインターネット広告

インターネット広告を選ぶための一つの指標として、3つの目的とそれに適した広告形式をご紹介します。

 

今回、目的はユーザーの関心度から割り出していきます。

 

ユーザーの関心度「潜在層」

潜在層とは、自社の商品やサービスで解決できる問題を抱えていて、その問題を認識していない人々のことです。

 

潜在層向けのおすすめインターネット広告 … ディスプレイ(バナー)広告、ソーシャルメディア広告、アフィリエイト広告、動画広告

 

ユーザーの関心度「顕在層」

顕在層は、自社の商品やサービスで解決できる問題を抱えていて、その問題を認識している人々のことです。

 

顕在層向けのおすすめインターネット広告 … リスティング広告、記事(ネイティブ)広告、ディスプレイ(バナー)広告(リマーケティング)、ソーシャルメディア広告、動画広告

 

ユーザーの関心度「顧客層」

顧客層は、既に自社の商品やサービスを利用したことがある人々のことです。

 

顧客層向けのおすすめインターネット広告 … ディスプレイ(バナー)広告(リマーケティング)、ソーシャルメディア広告

 

 

インターネット広告のまとめ

いかがでしたか?

インターネット広告は本当に奥深いものなのです。

近年ではすっかり世間に浸透したインターネット広告、ぜひ活用してくださいね!

 

弊社でもインターネット広告運用の代行をしております。まずは無料相談よりお申し込みください。


>>Facebook広告運用代行サービスはこちら

>>Instagram広告運用代行サービスはこちら

>>GoogleMEO対策についてはこちら


>>集客できるランディングページ制作についてはこちら