整体院・整骨院(治療院)のLINE公式アカウント活用方法


皆さん「LINE」はご存じですよね?

ここ日本でも老若男女問わず大いに活用されているSNSツールで、日本人口の6割以上がLINEを利用していると言われています。

それでは「LINE公式アカウント」というものはご存じでしょうか?

これはお店や企業のLINEアカウントに「このアカウントはお店の公式ですよ」とお墨付きを与えた上で様々な情報を発信できるサービスです。メルマガなどとは異なり、ほぼ100%ユーザーにメッセージが届くためメディアとしての高い有効性が期待できます。

公式LINEは数多くの業種に渡って利用されており、今では約40万近いお店や企業が活用しています。集客や広告に非常に有効なこのLINE公式アカウント、実は簡単に作成や運用が行えるのです。

この文章では「LINE公式アカウントの作成方法・運用方法」を説明していきます。

1.LINE公式アカウント作成方法


アカウントの作り方、そして設定は簡単です。

①LINE公式サイトのアカウント開設ページ(https://www.linebiz.com/jp/signup/)の「LINE公式アカウントの開設」をクリックして下さい。

②次のページで「認証済アカウントを開設する」または「未認証アカウントを開設する」をクリックして下さい。

「認証済アカウント」とは?

LINE株式会社の審査を受け認証されたアカウントです。
認証済みアカウントには「アカウントバッチ」というものが付与され、アプリ内検索の結果に表示されます。
LINE広告への出稿も可能になります。

「未認証アカウント」とは?

審査を受けず誰にでも作成可能なアカウントです。
機能自体は認証済アカウントと同一で、認証済みアカウントへのアップグレードもできます。

③「認証済アカウント」または「未認証アカウント」を選択後、「LINE Busines ID」のログイン画面に移ります。「アカウントを作成」をクリックし、必要な情報を入力して下さい。


登録したIDで「LINE Official Account Manager」にログインすることでアカウント作成は完了します。

2.LINE公式アカウント基本設定


アカウントを作成したら、お店の情報が登録できます。

基本情報入力

「設定」→「アカウント」をクリックすると登録画面が表示されます。
この画面でアカウント名やプロフィール画像の登録などを行えます。
認証済アカウントの場合に行う「検索結果に表示させるための設定」もこの画面で可能です。

あいさつメッセージ登録

「あいさつメッセージ」とは、ユーザーが友達登録した際最初に自動で送られてくるメッセージです。
お店やタレントなどの公式LINEを友達登録した時などによく送られてくるようなメッセージですね。
友達追加のお礼や簡単なお店の紹介などを記載することができます。
ホーム画面の「あいさつメッセージ」クリックで登録画面になります。

応答メッセージ登録

「応答メッセージ」とは、前もって「キーワード」と「こちらから返信する内容」を設定しておき、
ユーザーからのメッセージにキーワードが入っていれば自動的に返信を行う機能です。
ホーム画面の「応答メッセージ」クリックで登録画面になります。

メッセージ配信テスト

実際にユーザーに配信する前に、間違いなくメッセージが配信できるか確認を行います。
公式LINEとは異なる自分のアカウントに公式LINEを友達追加しておき、公式LINEから自分のアカウントに実際にメッセージを配信してみて下さい。

メッセージが正常に届けばテスト完了です。

アカウント公開(認証済アカウントの場合)

メッセージテストが完了したらアカウントを公開します。「設定」の画面で、公開設定の「検索結果で表示」のところを「表示」します。

これで検索結果に公式LINEが表示されるようになります。
※未認証アカウントには「公開/非公開」の設定はないため、メッセージ配信テストまで進めば設定完了です。

3.LINE公式アカウント運用方法


アカウントを作成するだけでは集客にはつながりません。

顧客の獲得につなげるため、実際に治療院や整体院などで公式LINEを運用していく方法について紹介していきましょう。

施術の案内やメニュー、料金の紹介

治療院や整体院で行っている施術の案内やメニューを配信できます。文字のみのメッセージでも良いのですが「カードタイプメッセージ」や「リッチメッセージ」というものを利用することもできます。

「カードタイプメッセージ」は、名前の通りカードのような形でメニューを送れる機能です。

「リッチメッセージ」は写真や動画と文字を同時に送ることができ、より目をひくことが可能です。
  

クーポンの配信

LINEのクーポンは、利用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

治療院や整体院にもクーポンを導入して集客につなげることができます。大幅な割引ではなくても「検査無料」や「○○分延長」などの「少しのオトク」でも集客効果を見込めるのではないでしょうか。

クーポンはメッセージやタイムラインで配信することができます。「クーポンがあるから行ってみようかな」と来院のきっかけになる可能性もあり、有効性な施策といえます。

ポイントカードの発行

LINE公式アカウントではポイントカードの発行が可能です。「ポイントが貯まったら特典や割引!」などユーザー側にメリットがあれば、リピーターの獲得にもつながります。

スマホ端末のポイントカードは、カードを発行する必要がなく経費や手間の削減につながります。

またユーザー側も忘れたり失くすということがないため、非常に便利な仕組みです。

予約受付

「LINEで予約」というシステムがあり、LINE公式アカウントから予約が行えます。
「LINEで予約」を利用するには別個に用意された予約システムと連携している必要があり、
予約の際はユーザーを公式LINEから予約システムに誘導する形の流れになります。

※予約フォームへ誘導するには以下のような方法があります。

① 予約フォームへのリンクを一斉送信
  友達追加しているユーザーに、フォームへのリンクを一斉送信で送ります。

② 予約フォームをリンク先に設定
  メニューなどに前もってフォームへのリンクを設定しておく方法です。
  ユーザーが、設定した範囲をタップすると予約フォームに移行します。

③ 特定のユーザー対象に予約フォームへのリンクを送信
  問い合わせがあった場合ユーザーに予約フォームのリンクを送信する方法です。
  チャットでの問い合わせに対し、チャットで返信を返す形になります。

④ 全ユーザーからの予約受付
  プロフィール画面に予約ボタンを設置しておく方法です。
  友達追加をしていないユーザーでも予約フォームを利用することができます。

4.LINE公式アカウントの機能

他にも、公式LINEには以下のような機能もあります。

メッセージの配信

公式LINEでも通常のLINEと同じようにスタンプや画像を送れます。また、クーポンやビデオメッセージなどを送ることも可能です。

タイムラインへの投稿

タイムラインのリードにメッセージや写真などの投稿が可能です。ブログ感覚で気軽にお知らせや告知などを行うことができます。

ターゲティングメッセージ

公式LINEでは「全ての友達への配信」「ターゲットの絞り込みをしての配信」の二種の配信が可能です。
「ターゲットの絞り込み」は100人以上の友達が登録されている場合に使用できます。「友達の期間」「性別」「年齢」「OS」「エリア」などが絞り込みの対象となります。

LINEチャット

友達登録をしているユーザーから反応があった場合、個別でチャットを行うことができます。
顧客に対し普段利用しているLINEと同様に連絡をとることができ、接客対応の幅が広がります。

自動返信機能

前の項目で、自動に返信を行う「応答メッセージ」という機能を紹介しました。

そちらとは別に「AI応答メッセージ」というものもあります。キーワード設定不要で、AIが自動で判別して返信を行ってくれます。

自動ではなく、自分で返信をするということも可能です。

リッチビデオメッセージ

ユーザーがトーク画面を開くと自動的に動画が再生されます。
アクションボタンをつけることが可能になっており、サイトへの誘導を行うことができます。

リッチメニュー

トーク画面の下にバナーやメニューを表示させることができます。

5.LINE公式アカウント運用時の注意点

 チャットには以下のように保存期間が決められています。

チャット:1年
スタンプ:1年
画像、ビデオなど:2週間
ファイル:1週間

保存期間が短いものもあるため、そういったものを送る際には注意が必要です。

メッセージの取り消しや削除不可

通常のLINEではメッセージの取り消しが可能ですが、公式アカウントでは取り消しを行うことはできません。
訂正やお詫びメッセージなどでメッセージ数を消費してしまわないよう注意しましょう。

6.料金プラン

LINE公式アカウントには、無料プランを始めとした3つの料金プランがあります。
プランにより毎月送ることができるメッセージの上限が異なります。

・無料プラン:月1,000件まで ※追加メッセージ不可
・ライトプラン(月額5,000円):月15,000件まで ※追加メッセージ 1通 5円
・スタンダードプラン(月額15,000円):月45,000件まで ※追加メッセージ 1通 〜3円

メッセージの件数は友達1人につき1通とカウントされます。
例えば、友達100人の場合一回に送る件数は100件となり、無料プランでは月に送れる回数は「100人×10回=1000件」となるため10回までです。
治療院や整体院の規模や配信の頻度などによって適切な料金プランは変わってくることでしょう。

7.アカウントの運営・管理は自己責任で

LINEアカウントは、ユーザーの自己責任で管理・運営していく必要があります。
規約などをしっかりと把握し、問題の起きない利用を心がけましょう。

8.LINE公式アカウントのメリット

・スマホ一台で運用できるため、手軽に利用が可能
・LINEを使っている感覚で顧客に連絡やお知らせが行える
・メールや電話とは異なりユーザーに確実にメッセージを届けられる
・ユーザー側からの反応が得られる
・リアルタイムでの情報発信が可能
・チラシやDM、ホームページなどを作成しなくても広告活動を行える

9.まとめ


以上、治療院や整体院でのLINE公式アカウントの作成方法や運用方法について紹介してきました。
例えば「予約機能」一つとってみても、特に若い世代には「電話での予約や問い合わせ」を面倒に感じる方もいることでしょう。
LINEで簡単に予約や問い合わせができると、そういった方に対する入り口になるかもしれません。
今お持ちのスマホで手軽に行える広告や営業の施策となる公式LINE。
利用が簡単でありかつ集客も期待できるLINE公式アカウント。
是非ご自身の店舗にも取り入れ活用してみてはいかがでしょうか。