アイヴィクス株式会社ECコンサルタント岡田裕之様

 

IEAのクライアントであり、ECサイトのコンサルティングをメインとして事業をされている、岡田裕之さんにインタビューをさせていただきました。以下は、インタビューの文字起こしを編集した記事になります。動画でなく、記事として読みたい方は、以下の文章をお読みください。

 

自己紹介や今どんなことをお仕事にされていらっしゃるのか教えてください。

弊社はアイヴィクス株式会社といいまして、主にEC(Eコマース)を運営されているお客様の運営支援をしている会社です。

 

売上げアップやECサイトのアクセス数アップなど、年間の計画を立てながら、お客様の目標が達成できるようサポートしている会社です。

 

具体的に申し上げますと、例えばみなさん楽天とかでお買い物されたことはありますか?楽天はモールですので、非常に審査が厳しいのです。登録するには条件があり、様々な規律も守らなくてはなりません。もちろん弊社はそういったことも熟知しておりますので、はじめてECをやりたいなというお客様から多くお声をかけていただいています。

 

それだけではなく、ECのモールですと上納金という手数料が非常に高いサイトが多いです。弊社では、なるべくそういったモールを使わずに自社でECサイトを立ち上げていただき、そこで実際に売上を増やしていけるような仕組みづくりをご提案させていただいております。

 

お客様は個人事業や小規模でやられている方が多いのですか?

そうですね。比較的に個人の方が多いです。ECサイトを個人でやられている方からよく聞くことは、忙しすぎて時間や余裕がないということです。

売上管理や商品発送に常に追われていたり、問い合わせ対応やクレーム対応に思わぬ時間を取られてしまったりしたため、もっと売上のことだけに集中したい、ブログを書く余裕がほしい、という方は多いです。

そこで、広告運用からオウンドメディアまで、すべての管理を弊社のような専門業者にアウトソーシングするケースが最近ではかなり増えていますよ。

 

栃本:制作ができても運用が弱く、運用面でのサポートが手薄な会社が多いのかな?という個人的な印象があるのですが、一方で岡田さんは運用が強いというイメージがありますよね。

そうですね。弊社の場合はまずお客様と契約させて頂く前に必ずお客様のサイトの分析をしています。分析をしたうえで、自社の弱みを強みに変えていくような仕組みをまず先に作ります。

 

その後にサイトのリニューアルをさせていただき、そこから弊社のコンサル部分である運用という流れになります。ワンストップで全てやらせていただくことが可能になっています。

 

栃本:ネットショップを始めたい方や、始めているけどなかなか収益が上がらないという方は、ぜひ一度岡田さんに相談していただきたいですね。実は僕のクライアントさんなどから「ECサイト作れますか?」や、「運用できますか?」というような相談はたまにいただきますが、岡田さんにご紹介させていただいています。やはり専門の方にお任せした方が良いと思います。それでは続いて、岡田さんがなぜIEAマーケティングスクールに参加されたのか?参加してどのように変わったのか?など、お話を聞かせてください。岡田さんにIEAに参加していただいてから1年ほど経ちますが、参加された元々のきっかけは?

元々はマーケティングエッセンシャルズの交流会に参加させていただいたことをきっかけに栃本さんと知り合い、興味があったのですぐに個別コンサルに申し込んだところからです。

 

ずいぶん前ですが、オンラインサロンに入っていまして、そこである程度の成果を残した事がありました。ブログのみのオンラインサロンではありましたが、やはり人に教えてもらうということが非常に重要なことだと感じた経験でした。

 

そうは思っていても、なかなか行動には移せずにいたなかで栃本さんと出会い、僕の知り合いがIEAの前身となるグループコンサルに参加されていたことや、栃本さんの立ち居振る舞いがすごく紳士的だったことなどから、この人なら信頼できるなと思い、IEAの参加を決めました。

 

その時はどんな悩みがあったのですか?

はい。一番のクライアントである某企業様との取引が非常に順調だったことをきっかけに法人化した弊社でしたが、やはり将来的にその一社との大きな取引に頼っていてはいけないと不安を感じていました。

 

新たなお客様を見つけていかなくてはいけないと思い、自分で営業活動をはじめていました。

 

ECのコンサルをメインにしている企業というのはまだまだ少なく、一方でECのコンサルを必要とするお客様は非常に増えていましたので「あまり競合することもないから受け身でも大丈夫だろう」と、ただセミナーや交流会に参加して名刺を配っていました。しかしそれではなかなか思っていたお客様とは巡り会えず、なぜだろうと悩んでいました。

 

当時はどちらかというと制作がメインでしたので、制作をしないと売上にはならず、制作に時間を使いたいから営業にあまり時間を使えない、という状況でもありました。そこで集客を自動化したいと考えるようになりました。栃本さんは自動化の仕組みづくりが得意な方でしたので、栃本さんにそういったことを教えていただきたいと思いました。

 

既存のクライアントさんだけでなく新規のクライアントさんも獲得していくことで会社を成長させたいという思いで参加を決められたわけですね。では実際1年が経ち、どのように変わりましたか?

最初の半年はフロントエンドの商品とバックエンドの商品を作ることを重視していましたので、そこでお客様が急激に増加するような結果にはなっていません。

 

商品が完成し、売れるようになったのは、自分自身の話し方やメンタル部分を変えるようにしてからでしたね。栃本さんが仰っている“経営者のマインド”というのが、少しずつ身についてきたということなのかなと思っています。

 

商品も独自で作ったわけではなく、栃本さんが作っているものを見様見真似で作らせていただきました。1年間のコンサル契約というバックエンド商品だったのですが、それは実際に今でも使っています。

 

安い金額ではないのですが、相談を受けたり契約をいただけたりしていますので、それだけでもIEAに参加した意義があったと思っています。IEAに参加した自己投資の回収は十分にできています。

 

元々パッケージ商品はなかったのですね。

はい。元々は制作とコンサルをメニューとしていたので、お客様ごとにオリジナルのメニューを作り、その都度ご提案書を作成していましたのでなかなか大変でした。

 

IEAに参加したことでパッケージ商品を作ることができ、それによってお客様ごとにメニューを提案する必要がなくなったことは本当に良かったです。今ではパッケージ商品をベースにお客様ごとに少しだけ調整をしたりしています。

 

コンサルの他にセミナーやスクール等もしているのですか?

今はまだできていませんが、今後会社を発展させていくうえでセミナーやスクール等も視野に入れています。今年の目標ですね。

 

最後に、これからIEAや僕のセミナーに参加しようと思っている方に岡田さんから一言いただけますか?

僕もそうでしたが、経営者の方で、1人で悩んでいる方って非常に多いと思うんです。まずはIEAに参加することで仲間ができました。仲間ができて気づいたことは、みんな同じような悩みを抱えているということ。自分だけではないんだと心強くなり、話をするだけでストレスが軽減されたのもありがたかったですね。

 

IEAはもちろんマーケティングの勉強の場ですが、僕自身は勉強だけではなく、プラスアルファの何かを求めていたからIEAに参加したような気がします。IEAのようなスクールを探していたという方、是非一緒に学んでいけたらなと思います。

 

ということで、本日はアイヴィクス株式会社の岡田裕之さんとの対談でした。ありがとうございました。