J:SHOKY(ジェイ:承継) 小野茂樹 様

脱サラからの独立!
マーケティングのマの字もわからない状態から、具体的な目標設定もでき、商品構築までできました。


「ビジネスの主導権を持つ自力集客型起業家になる」ことを標榜する実践型のマーケティングスクール「IEA」。今回は受講生の舟橋一枝さんにIEAで得られた成果や、IEAで学ぶモチベーションについて伺いました。

 

どのようなお仕事をされていますか?

製造業専門のコンサルタントをしています。
物作りビジネスの企業や経営者の方へ、環境を整えることの大切さを伝え、そのサポートを事業としてまだ最近スタートさせたところです。
約1年半前まではサラリーマンで、約20年ほどプラスチック製品の成形や金型製造の営業をしてい他ので、そこで感じていた製造業への思いと知識がベースになっています。
製造業界では、いくら(単価)のものを何個作って、いくらもらえるという単純なものですが、それだけではなく、そこにマーケティングを入れたらいいのではないかと思ったんです。

 

弊社代表の栃本と知り合った経緯や、第一印象を教えてください

前職を辞める前から、マーケティングを学ぼうと様々な本を読んでいたんですが、やはり本で読むだけではいけないと、学びの場を探していて、「名古屋 マーケティング」という感じでネットで調べて、ME(弊社)のホームページを見つけました。
その時の栃本さんのプロフィール写真が結構若い感じだったので、少し怪しい感じはしましたね(笑)

まず始めにセミナーに参加してみて実物の栃本さんを確認してから、すぐ個別面談を申込みました。
面談場所に行ったら栃本さんが腕組みをして目をつぶって座っていたので、それを横から見て一瞬近寄りがたい雰囲気があったんですが、いざ話してみると、とても好青年で21歳も自分と年の差があるのに、いろんな事に挑戦されていて、自分を常に高めようとする姿が見えて、すごいなと思いました。
今では尊敬していますし、名古屋にいてくれてよかったなと思っています。

 

IEAに入会した経緯は?

個別面談で栃本さんに会いに行った時はもう入会する気持ちで行ったので、すぐに入会の流れになりました。
年齢的に、いま転職したとしても5〜10年後にはまた何か探さなきゃいけないので、ここから自分だけのもを作り上げていこうと決めていたのですが、その為には長年のサラリーマンの考え方から経営者の考え方にシフトしなければいけないと思っていました。
IEAには今まで関わったことのない経営者の方々が参加されていることを知っていたので、そんな方々にお会いして、どんな考え方でどんな活動をされているかを聞いてみたい、勉強したいという思いがあって入会しました。

実際に受講してみて、どうでしたか?

参加しているみなさんが、今まで私が知り合ったことのないようなタイプの、自分で仕事をしている方や経営者の方なので、そういった横の繋がりができたことは大きいです。

IEAではマーケティングを始め経営者のマインドなど、非常に多くの情報を得ることができ、新鮮ではあったんですが、慣れて実際にそれらを消化できるまでは、少し時間が掛かりました。
今までの仕事の仕方は「なんとかなる」という思いがあって、ちゃんと深く考えずに来ていたんだということに気付きました。まだまだこれから学ばなければいけないなと思っています。

あとは、行動する大切さを教えてもらいました。

元々は「考えて動けない」タイプだったんですが、以前より動けるようになりました。まだまだ「動いてはまた考えちゃう」部分があるんですが、自分なりの成長を感じています。

実際に自分の商品・サービスが構築できるまでに一年半掛かってしまいましたが、いい時間になっているな、非常にいい経験をさせてもらっているなと思っています。

同年代の人からは「よく50過ぎてから決断できたね」とか言われたりしますが、今からでもどんどん自己投資して成長していきたいと思っています。

他のコンサルタントと栃本の違いはどんなところでしょうか?

イメージとして「コンサルタントは怪しい」というイメージがありましたが、1ヶ月間ほど栃本さんの動画を見ていたので、他の人はどうでもよかったです(笑)
ただ発信している情報量がケタ違いに多いのと、上質な情報をわかりやすく説明してくれていると思います。

小野さんにとって、「マーケティングを学ぶ」ことの意義はなんですか?

22年間くらい製造業の業界にいて、その業界にいた時は‘マーケティング’というのは口にしたことがありませんでした。
一般的には‘マーケティング’なんて当たり前だと思うんですが、製造業においては浸透していなかったんです。
例えば下請けだと、基本的には仕事をお客さんから受注する、という感じで受け身になりがちで、お客さんから急に切られてしまったら終わりなので、自ら考えて戦略的にビジネスを展開していくことが必要だと思うんです。

他社に比べてどこが強みで弱みなのかを知っていても、ただそれを押し出すだけではただの押し付けになってしまうので、やっぱりマーケティングが全てだということを今やっと気付けたんです。
それを製造業、特に下請けの人たちに向けてマーケティングを伝えていきたいです。時間は掛かるかもしれませんが、「製造業のコンサルといえば小野」「製造業にマーケティングを広めているのは小野」と言われるようになりたいです。
今は個人ですが、人も増やして会社としてどんどん広がっていくよう活動していきたいと思います。

 

お客様情報

会社名:J:SHOKY(J:承継)
お客様名:代表 小野茂樹 様
E-Mail:shigeonoze1tsukouchou1125@gmail.com
Mobile:090-9195-1013
成形品事業:樹脂成形品、樹脂金型、合成樹脂
コンサルタント事業:ウェルスダイナミクス理論を活用したサポート