治療院コンサルタント ぴぼっと 高崎勇次 様

IEAを受講し2ヶ月で120万円のコンサル契約を初めて受注!

 

「ビジネスの主導権を持つ自力集客型起業家になる」ことを標榜する実践型のマーケティングスクール「IEA」
今回は受講生の高崎勇次さんに対談形式でお話を伺いました。

 

栃本:今うちのコンサルとIEA(マーケティングスクール)を受けてもらっていますけど、もう2ヶ月くらいでしたっけ?

 

高崎さん:そうですね、2月の頭か半ばくらいだと思うので、まだ2ヶ月間くらいですね。

 

栃本:高崎さんは爆速で色々行動したり実践していて、僕が勧めるセミナーとか、紹介するセミナーなどにすぐに行くので、僕の周りの方も広く紹介して、色んな方にどんどん会いに行っていて、活動的ですごいなと思うんですけど、成果も出されているので、色々とお話を聞いていきたいということと、聞いてくださっている視聴者の方々の参考になったりヒントになるようなことをお伝えしていけたらいいかなと思います。

では、改めて簡単に自己紹介をしてもらってもいいですか?

 

高崎さん:治療院向けのコンサルタントをしております、高崎勇次といいます。
元々、自分で整体を運営していまして、今年の2月で4年になったのですが、開業当初かなり集客や売り上げに苦労しまして、その中で自分なりに勉強したり実践して、何とか食べられるようになってきたという経緯があります。それを今、同業者の困っている先生にお伝えする活動をしています。

 

栃本:結構リアルというか、オフラインの集客が得意なんですよね。

 

高崎さん:そうですね、得意ということもあるんですけど、ネットのことは開業した当初はほとんど知識がないまま始めてしまったので、そこで思いつくのがオフラインしかなかったということもあります。

 

栃本:相当チラシもテスト、改善を繰り返していると書いてありましたが、どれくらいやってきましたか?

 

高崎さん:大体毎月2万枚とか…。

 

栃本:それをずっと続けてきて、ビッグデータみたいなものが溜まってきて?

 

高崎さん:そうですね。ある程度反応の取れるものと、ダダ滑りしたものと…。2万枚で0枚とか。

 

栃本:ダダ滑りしたチラシとか見てみたいですね。逆にダダ滑りしたチラシの作り方セミナーみたいな。

 

高崎さん:反面教師的な?

 

栃本:そうそう。しくじり先生みたいな感じでね。逆に聞きたいですよね。思い付きで言ってますけど。

 

高崎さん:本当にやりすぎて、スーパーでレジのおばちゃんに「チラシの人ですよね?」って。

 

栃本:いいですね。逆にそこまでいっているということは、伝わっているということなので…

 

高崎さん:そうですね、認知はされてきているのかなと思います。

 

栃本:何か他にあるんですか?そういったやらかしたエピソードみたいなものは。

 

高崎さん:やらかしエピソードですか?やらかしっていう程でもないですけど、整形外科の先生などから、クレームっていうか…。前に「整形外科で治らなかった」みたいな内容を入れたことがあって、「言い過ぎじゃないか?」と。

 

栃本:あと、チラシを新聞折り込みにしていたから、新聞屋さんが来てくれたみたいなことも…。

 

高崎さん:そうそう、新聞屋さんがいつも折り込んでいるので気になって、新聞屋のおじさんが来るっていう…。

 

栃本さん:単純接触効果ですね。

 

高崎さん:そうですね、何か来ちゃうみたいな。

 

栃本:それも大量行動の賜物ですよね。

 

高崎さん:はい、ありがたいことに。

 

栃本:でも、治療院コンサルやっていますけど、自分自身が治療院で苦労して、今となっては超高単価で、稼働日数も月の半分くらいでしたっけ?

 

高崎さん:そうですね。15日以上はやらないということと、あとはコンサルティングと自分の勉強時間に当てています。

 

栃本:それでも、月商としてはそれなりに?

 

高崎さん:そうですね、120万~150万くらいです。回数券があるので、波があって200万位いく時もあれば、という感じですね。

 

栃本:でもすごいですよね、1人半月稼働でそれぐらいいくっていうことですよね。

 

高崎さん:あとは、週に3日休みますね。

 

栃本:その時間はコンサルティングをしたり?

 

高崎さん:そうですね。

 

栃本:今回2ヶ月くらいですけど、初めてコンサルタントとして事業を始めていきなり契約を取ってしまったということで、今IEAのメンバーの中でもすごくざわついているわけですね。
後から入ってきて、いきなり疾風のごとく現れて、2ヶ月くらいでセミナーを決めてしまって。
結局セミナーの時、集客はどうしたんですか?

 

高崎さん:今回はFAXDMを。

 

栃本:FAXDMで何人くらい来たんでしたっけ?

 

高崎さん:FAXDMを4000枚入れて、4人です。

 

栃本:きれいな反応率ですね。
FAXDMって一般的には大体0.01%と言われていますよね。
だから、1万枚で1件あるのが一般的だと言われている中での0.1%なので、かなりの高反応率ですね。

 

高崎さん:セミナー集客してそこから個別相談に来てもらって、そこで年間で120万円決まったという感じですね。

 

栃本:2ヶ月ぐらいでいきなり結果を出されてしまったのですが、あくまで一時的な結果なので、これからきちんと持続的にやっていくということはもちろん必要なことなんですが…。

今回どうですか?僕のIEAとコンサルを受けてもらって、何か元々の悩みというか、どういう目的で参加されましたか?

 

高崎さん:コンサルとしての活動は、去年の年末からセミナーを自己流でfacebookで集めて、自分なりにやっては来たんですけど、一度きちんとマーケティングだとか、集客の事も含めて、どこか体系立てて学べるところはないかなと探していまして、たまたま栃本さんのことを知りまして、近いっていう理由もありますけど、栃本さんのクライアントさんに治療科の方が結構いらっしゃったので、これは栃本さんに教わった方が一番早いだろうと思いました。僕自身も早く成果を出したかったので、それが一番の理由ですかね。

 

栃本:どうしてか知りませんが治療院の人が多いんですよね。
多分前職の流れがあるんですけど。治療院のウェブのお手伝いをしていた頃があって、そこからの流れで多くなったと思います。治療院の事例や実績があったため、結構それが大きかったんですね。

 

高崎さん:きちんと自分で理論立ててというか、順序立てて、自分の将来のクライアントさんにマーケティングの説明をできる自信が正直なかったので、そういったところで悩んでた部分もあります。

 

栃本:これまでにマーケティングの勉強をしたことはあったんですか?

 

高崎さん:そうですね、オンラインの教材で勉強したり、コンサルタントの方の一時的な講座を受けたりしました。

 

栃本:僕も相当起業する前と起業してからも、マーケティングの教材などを使いまくったので。
それでも,モヤモヤしたところもあって、結局実践や行動をしてその上で学ぶということをしていかないと、学ぶだけだと消化しきれないということが出てくるので、そんな感じだったみたいな?

 

高崎さん:そうですね、インプットばかりでアウトプットができていなかったなと今は思います。
栃本さんから、とにかくアウトプットしようと教えられたので。

 

栃本:「枯れるくらいまでしろ」みたいなね。

 

高崎さん:その教えを忠実に守っていました。

 

栃本:2ヶ月経った今はどうですか?今回IEAに参加して、グループコンサルも受けてもらっていますが、まだわからないところももちろんあると思うんですけど、何か感想はありますか?

 

高崎さん:本質的なマーケティングだとか、戦略的な部分などを教えて頂けるということはもちろん勉強になっていますし、あと僕は単純で、承認欲求の塊みたいなものなので、「高崎さんブログ上げてましたね」とか「すごいですね」って言ってもらえると、また頑張っちゃうんですよね。
対面コンサルにはない、チームみんなでという雰囲気も、すごくモチベーションになっています。

 

栃本:やっぱり個人起業家とかはそうですけど、1人で頑張ろうとするところがあると思うんですけど、人ってそんなに強くないし、むしろ弱い生き物だと僕は思っているので、そういうのはコミュニティの力というか、メンバー同士切磋琢磨して、フィードバックがあったりすると、モチベーションが上がりますよね。

 

高崎さん:そうですね。

 

栃本:そもそも僕が始めたきっかけが、前職の時に仕事が結構キツかったんですよね。
ノルマもあったし、営業会社で相当テレアポも根詰めてやっていたので成績もキツかったんですけど。
何で4年程も乗り切れたのかっていうと、先輩や同僚の力なんですよね。
落ち込んでいる時に、先輩が声をかけてくれるんですよ。「飲みに行こうよ」みたいな感じで言ってくれたりだとか、同僚もいて、愚痴を言いあったりだとか…。
後輩もいるから、成果出してあげないといけないな、とか。そういう仲間がいるからこそ、何とか頑張っていけるというところがあると思うんですよね。
苦しいときに仲間がいるかいないかが本当に大きいと思っていて、だからこういったコミュニティを作って、個人の起業家の人たちを集めて、切磋琢磨できる場所を作りたいなと思ったのが始まりなんです。だから、それを最大限利用しているという感じですよね。

 

高崎さん:そうですね。使えるものは全て使って、栃本さんの人脈も含めて、すごく大きいですね。

栃本:facebookとかを見ても、いつの間にこの人つながったんだろうっていう人が結構いて、「知ってたの?」みたいなところがあるんですけど。大体僕の紹介しているものを見て送って、という感じですか?

 

高崎さん:そうですね。栃本さんの看板を借りて、という感じです。

 

栃本:だってfacebook見てびっくりしましたもん、お知り合いの人にコメントしたりしてたので、「え?つながってるの!?」みたいなことがあって。

 

高崎さん:すごい方や、成果を出している方ばかりなので、何か盗めるものがないかと思って。

 

栃本:何か良い意味でちゃっかりしてますよね、高崎さんって。
そういう、良い意味でガツガツ出来ることが、成果を出されている要因かなという感じがするんですよね。
名古屋の人は特にだと思うんですけど、ガツガツさが少ない印象がありますね。
大阪や東京に行くと、結構ガツガツしている人が多いといいますか。
でも名古屋の方は遠慮というか、控えめって言ったらいいんですかね。
良い意味でもあるんですけど、悪い意味でもあり、高崎さんみたいに、僕から何か吸収してやろうという気持ちが感じられる人には、どんどん提供しようと思うんですが。
そういう気持ちがあるのとないのとでは、こちらが出来ることが大きく変わってくるので、そういう意味では上手だなと思います。
せっかくすごい人のコンサルを受けるなら、少しでも吸収しようという気持ちというのはすごく大事だと思うし、積極性がある人はそういう人に可愛がられたりする可能性が絶対あって。
僕も実はそこを意識しているんですよね。僕自身も結構コンサル受けることがあるので、そういう人からいかに情報を吸収して、可愛がってもらえるか、ということは大事だと思うんですよね。
だから、そういうところが高崎さんの参考になる部分があるんじゃないかなと思うんで、ぜひIEAのメンバーに高崎さんを見習って、参考にしていける部分もあるかなと思います。僕自身も、皆さんに良い意味でガツガツしてほしいなと感じるので、その辺高崎さんが模範になるかなという感じに思っています。

 

高崎さん:ありがとうございます。

 

栃本:今後こういうことしていきたいって思うことはありますか?目標とか。

 

高崎さん:そうですね、もちろんクライアントさんを増やしていきたいということもありますが、まずは契約してくださった方の成果を出せるようにする。
僕が栃本さんに教わって成果が出せたように、きちんとその方が契約して報酬で頂いた金額以上の利益が出るように、成果を出させてあげるということが一番です。
あとは、治療科で今後広告が厳しくなってきたり、集客が難しくなってくることで困る先生が今以上に出てくると思うので、そういった方が…

栃本:逆にオフラインだとやれることが色々ありますよね。

 

高崎さん:時代遅れなようで、実はオフラインはこれからいけるんじゃないかなと感じます。

 

栃本:10年くらいいけそうですよね?

 

高崎さん:そうですね。そこは絶対に必要になってくると思うので。

 

栃本:ということで、今日はゲストに高崎勇次さんに来て頂きました。今日はありがとうございました。

 

高崎さん:ありがとうございました。

 

お客様情報

会社名:治療院・サロン集客利益アップコンサルティング ぴぼっと
お客様名:代表 高崎勇次様
ブログ:こちらから