本を読むのが苦手な方へ オーディオブック比較 FebeVSAudible

こんにちは 株式会社マーケティングエッセンシャルズの伊藤 大輝(いとうたいき)です。 本を読むのが苦手な人はいますか? 習慣がないから読めないので毎日読むとか、Kindleのようなアプリを使ってみたり・・・ でも、僕は持続しなかったですので、 そんな時は「本を聴く」です。 読めなければ、聴けばいいわけです。 そこで、今回はオーディオブックサービスを紹介

Febe

https://www.febe.jp/ 書籍 約20,000冊 ジャンル ビジネス・自己啓発・実用資格・教養・語学・文芸・落語・アニメ 再生方法 倍速可能 再生形式 MP3 料金 ゴールド会員は月額980円(3カ月目以降は1300円)毎月1冊好きな商品と交換 プラチナ会員は月額2470円 毎月2冊まで 特徴 ベストセラーやロングセラーの版権を獲得する為の企業努力でラインナップも充実しており、新刊をオーディオブック化するペースが加速している。

febeメリット

・オーディオブックをMP3でダウンロード可能。 スマホ以外にもPCでも聴けるし、CDに焼けばCDプレイヤーやカーオーディオでも試聴可能。 ・買い切りため、一度購入したオーディオブックは期限無く聴くことが可能で購入しなければ月額費用は発生しない。

febeデメリット

・1冊(曲)購入していくために購入してから失敗することがある。 ・オーディオブックの購入がブラウザのみでアプリから購入が出来ない。

Audible(オーディブル)

https://www.audible.co.jp/ 書籍 約10,000冊以上 ジャンル ビジネス・自己啓発・実用資格・教養・語学・文芸・落語など20ジャンル以上 再生方法 3倍速まで可能 再生形式 アプリ再生のみ 料金 月額1500円 聴き放題 特徴 人文・思想、ビジネス・経済」、ノンフィクション、のオーディオブック品揃え良くない。しかし、漱石や太宰といった日本の「近代文学」が充実している。 宮沢りえ、糸井重里、大竹まことなどの有名人が朗読するユニークなオーディオブック作成している。

Audibleのメリット

・オーディオブック追加をアプリとWebの両方から可能。 ・定額なので、試し聴きができる。 ・機能として、聴いた時間の統計情報を見ることができる。

Audibleのデメリット

・オーディオブックはスマホアプリからしか聴けない ・サービスの利用を止めるとオーディオブックが聴けなくなる。 ・毎月必ず1500円課金される。

まとめ

品揃えで言うと、ビジネス書・実用書はを聴くのであればfebeをおすすめします。新刊をオーディオブックにする力はfebeが断然早いようです。 Audibleは古典や近現代文学の品揃えは多いが、新作や売れ筋系の文学書は少ないようです。 使い勝手の面で言えば、こういったツール利用するのは、移動中が多いので、電車や公共交通機関での移動が多い場合はスマホのみで利用可能なAudibleでも良いかもしれせんが、車での移動する方はスマホ以外でも聞けるfebeがいいと思います。 YouTubeでも似たような朗読している動画がありますが、とても聞きづらいです。 プロのナレーターや声優さんが朗読している方が圧倒的に聴きやすいです。