映画やアニメは所詮フロントエンド商品に過ぎない

こんにちは。 栃本常善です。 さて、日曜日は 福井県にある恐竜博物館に 家族で行ってきました。
7月の金曜ロードショーで 放送していた ジュラシックワールドを皮切りに アマゾンプライムで 前作3作品をすべて制覇し、 その後、映画館に行って、 ジュラシックワールド最新作を鑑賞。 その後、トイザらスで じいじいに恐竜フィギュアを買ってもらい、 僕が家に帰ると 恐竜ごっこしよう、 という断れないオファーが 3ステップキャンペーン並みの しつこさでアプローチが来る というような生活を送っていたので、 これは「恐竜博物館にいかなあかんなー」 ということでついに行ってきました。 感想はというと、 「めっちゃ面白い」 でした。 森の中を探検しながら、 森にいろいろな恐竜が 現れてくるという探検ツアーがあったり、 実物大の恐竜が実際にリアルに 動くフィギュアがあったり、 恐竜フェチにはたまらない テーマパークになっていました。 息子はもちろんのこと、 僕と嫁も恐竜に魅了されました。 それで思ったのが、 所詮映画やアニメなんて ビジネスにおいては フロントエンドに過ぎないなと。 金曜ロードショーは、 映画の時に見たいなーと思いつつも 見逃した人へのリターゲティング広告みたいなもの。 気にはなっていたけど、 ジュラシックパークをわざわざ 見に行くことまではしなかったのが 金曜ロードショーの放送があったことによって、 子供がハマり、親もハマったことで、 アマゾンプライムでもレンタルし、 フィギュアや恐竜図鑑、 そして、福井県の恐竜博物館まで、 財布のお金は流出していきます。 一度財布の紐を開いてもらいさえすれば、 一度緩んだ財布の紐は、 その後どんどん弾力性を増していきます。 あとは、その顧客が求めている、 見た瞬間に「こんなのが欲しかった」 と思われるような商品を 最適な場所に置いておくだけでいい。 今回一切誰にも 僕は売り込まれていない。 欲しい!買ってあげたい! と思ったから買ったのです。 ちなみに今度は、 名古屋の大高緑地にも 恐竜がいるらしいので、 そこにも行ってみようかなと。 こうなると、 USJにも行きたくなってきますね。 ————————————— マーケティングとは、 顧客が欲しいと思うものを 買いたいと思う最適なタイミングで 提供する仕組みのこと ————————————— です。 今回のことで あなたに何をお伝えしたいか というと、 きっかけさえ 作ってしまえば、 見込み客はあなたの商品を 買ってくれるということなのです。 今回のことでいれば、 金曜ロードショーという 無料のオファーで 最初に提供したことによって、 後ろにあるバックエンドが 自然に売れていくという流れに なっていったわけです。 そのきっかけとは、 メディアやプラットフォームになります。 ブログやメルマガ、 セミナーや勉強会、交流会など がそれに当たります。 ぜひあなたのビジネスでも この”きっかけ作り”をもっと強化を してみてください。 最後まで読んでいただきまして、 ありがとうございました。