顧客目線になりなさい!と言われてもなれない理由

こんにちは。株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。 よく顧客目線になりなさい、 とか顧客の立場に立て、 とかってよくいうけど、 なかなかなれないと思うんです。 ほとんどの人、会社が。 頭では大事だとわかっている。 重要なこともわかっている。 そして、みな誰もが顧客目線になっているつもりである。 しかし、実際はどうだろうか? ほとんどの人が顧客目線になれていない。 自分目線、売り手目線になっている。 じゃあ、なぜ、顧客目線が重要だとわかっていて意識もしているはずなのに、顧客目線になれないのだろうか? これには明快な答えがあります。 それは、顧客の立場、状況を実際に経験したことがあるかどうかの違いである。 ほとんどの人は、顧客の立場を経験したことがない。 だから、つもりにはなれるけど、実際にはほんとうに顧客目線になれるわけがない。 だから、もし仮に顧客の立場に実際になれないにしても、顧客に直接実際にリサーチして、どんな悩み、問題があるか、どんな目的でこの商品サービスを利用しているのか?なぜ、他ではなく、自社を選んでくれたのか?といった顧客の心理を少なくとも把握することは可能なのである。 だから、まずは顧客リサーチから始めてほしい。 じゃあ顧客目線になれると、どんなメリットがあるのか? いくつかあります。 その中でも僕が感じていることは、 売り込まなくても売れる商品、サービスをどんどん開発し、販売ができるようになることなのです。 特にあなたの会社、ビジネスで顧客対象が絞られていて、明確になっている場合、特に効果が高いです。 なぜなら、ターゲットとなる顧客対象が明確であればあるほど、その人たちに合った商品、サービスを作りやすいからです。 逆に顧客対象が漠然としていて、色々な属性の顧客が混在している場合は、商品、サービスも当然ながら漠然としたものになってしまいます。 さあ、ぜひ顧客目線になるためにも顧客対象を明確にしてみてください。 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。