自社顧客向けアプリの制作をしています。

こんにちは。株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

本日はアプリ制作会社の方と打合せをしていました。
というのも、自社のクライアント向けにアプリを作ろうと考えています。

そして、本日正式に契約をしてきたのですが、とても楽しみにしています。

僕が思っているのは、
アプリは、販促のため、集客のためではなく、顧客サービスや顧客満足度アップ、顧客との接触回数を増やすために使うべきだと考えています。

販促のためのアプリって全然普及、浸透してないんですよね。

なんでかって、結局小手先なんですよ。

戦略がぬるいのに、小手先のツール、施策ではカバーしきれないんですよ。

戦略がはっきりと固まってない状態で、アプリという最新ツールに飛びついて、使おうとしても使いこなせないし、効果も瞬間的に出ても、持続できないんです。

そういう意味では、アプリという媒体は、顧客やクライアント向けにこそ、力を発揮できる媒体なんですよ。

これを自社で証明してやろうかなとおもっているわけです。

口だけでいうのは簡単なので。

それをまずは当社で実践して、1つモデルケースとなればいいかなーと思っています。

アプリリリースまでお楽しみに!
というか弊社のクライアントさんでないと使えないですけどね!w

それでは、また。