個人&チームのパフォーマンスを最大化するには?

 

こんにちは。


株式会社マーケティング・エッセンシャルズ
ディレクター/マーケターの斉藤です。


先日ご案内したこちら↓チェックしていただきましたか?
++++++++++++++++++++++++++++++
自分の強み・才能がわかる!
ウェルスダイナミクスお茶会
⇒お茶会の詳細はこちら
++++++++++++++++++++++++++++++


「強み」がわかると
自分だけでなく
チームのパフォーマンスも
上げることができます。

 

「嫌われる勇気」で有名な
アルフレッド・アドラーの教えに


「すべての悩みは対人関係の悩みである」


というのがあります。


仕事も家庭も、
確かに人間関係で
ストレスを感じる場面は多いですよね。



「なんかこの人とは合わないなぁ」と感じたこと、ありませんか?


自分の考えやアイディアばかりで
協調性がなくイライラするとか


逆に、

どんどん突き進んでいきたいのに
全然ついてきてくれない、理解してくれない


とか。


これって
自分の物差しで相手を見ているから
ストレスを感じるんですよね。


でも、当然ながら
人にはそれぞれ
強み・弱みがあります。


自分が当たり前にやっていることは
自分の強みであり
他の人も等しくできるとは限らない。


その逆も然り。



最近、自分の「強み」についてよく考えます。


自分の強みを知り
個人の才能を活かせば
最短距離で自己実現していくことが可能になる。


のはもちろんですが


ただそれだけでなく、
人間関係にもよい影響を与えるんですよね。


どういうことかというと


自己理解の過程で

「自分のもつ基準は自分だけのもの」
「他の人もそれぞれに強みを持っている」

と気づけ、他者との違いを受け入れられるようになるからです。


自己理解を深めるというのは
他者と自分がどう違うかを探求する作業。


自己理解を深めれば深めるほど
他者理解にもつながっていく。

 

そうすると
コミュニケーションも変わっていく。


というわけです。



お互いを理解して尊重し
強みと強みを活かしあえたら


コミュニケーションが円滑になり
プロジェクト進行がスムーズに運び

個人としてもチームとしても
とてもよいパフォーマンスが発揮できます。



自分を知ることは、他者を知ること。

自分を知り、相手を理解するために、

6月11日の
ウェルスダイナミクスお茶会

あなたも簡単な診断テストを
受けてみませんか?


人材採用、マネジメントに悩まれている
経営者、マネージャーの方にもおすすめです。

>>お茶会の詳細はこちらをチェックしてください