思考の枠組みに取らわれていませんか?

こんにちは 株式会社マーケティングエッセンシャルズの伊藤 大輝(いとうたいき)です。 昨日,目標達成のアチーブメントのセミナー参加してきました。 毎回、気付きや学びのあるセミナーですが、実践しないと、せっかくの気付きや学びも錯覚に終わっていまいますので、さっそく一部を実践共有です。 問題です。 下のように9つの点が並んでいますが、どれか1点から出発して、一筆書きの要領で、4本の直線を引いて、9つの点をすべて通るようにできますか? 正直僕は出来ませんでした(笑) 1分間でお願いします。 それではスタート!!               ↓ 1分立ちましたらスクロールお願いします。               わかりましたでしょうか? 正解はわかりましたでしょうか? 正解は下記のです。                     この問題で伝えたいこと・・・ それは「思考の枠組み」です。 僕もそうでしたが、枠の中で解決しようとします。 例えばこんな風に・・・               この書いてもいない頭のイメージの青い枠の中で考えている以上は今回の問題は解決できません。 この青い枠は自分自身の思考の枠組みです。 仕事はどうでしょうか? 同じように見えてもいない青い枠の中で考えていませんか?                 青い枠の外にある網掛けの赤い部分は入る言葉は「不可能、危険、失敗」そんな言葉でないでしょうか? 例えば、営業マンで言うなら、目標を立てる時に、 先輩が300万だから、売上は月の250万が限界。 業界的にお申込み数は3件だろうな。 誰に言われたわけではなく、自然と思考の枠組みで物事考えてしまっていると思います。 その言葉を「可能・冒険・学び」変更してみてはよいと思います。 そうすれば、もっと可能性が広がるのはないでしょうか?                 以前も学んでいたの事ですが、忘れることが多いですね。 仕事においても、自然と思考の枠組みの中で仕事しているのはないかと改めて感じました。 考え方のひとつなればありがたいです。