定期的なピットインの必要性

おはようございます。
栃本常善です。

日本代表、本当に残念でした。

試合終了後、30分くらい茫然としていました。

悔しすぎる。

なぜ、延長に持ち込もうとしなかったのか?

なぜ、ベルギーは攻撃にかける人数を
明らかに増やしているのに、
日本はディフェンスの選手を
増やさなかったのか?

なぜ、3点目も取れると思ったのか?

たらればを言ってもしょうがないのですが、
本当に悔やまれます。

まあでも、結局はベルギーが
2枚も3枚も上手だったのでしょう。

しかし、サッカーの試合としては
攻守の切り替えがとても速く、
本当にいつになく面白く
ワクワクさせてくれる試合でした。

日本代表、感動と夢を持たせてくれて、ありがとうございました!


さて、本日のブログの本題にいきたいと思います。


定期的なピットインの必要性という
話をしたいと思います。

F1とかスーパーGTのようなレースで
とても重要視されるのが、
そう、「ピットイン」です。

「ピットイン」とは、
タイヤが磨り減って、
走れなくなる前に、
タイヤを交換したり、

エンジンをチェックしたり、
ドライバーとスタッフ間で
コミュニケーションをとったり、

休憩をすることで、
体力の消耗を軽減したり、
まあ様々な目的で
レース中にコンスタントに
ピットインという
調整時間を確保するのです。

これは、レースにおいて
とても大事な時間になるのです。

そして、ビジネスの世界においても
とても大事な時間になります。

しかし、多くの起業家は、
このピットインの時間を確保できていません。

理想をいえば、上記のレースと同じように、
ある程度計画的に取るべきなのです。

でも、ほとんどの人は、
日常の忙しさに忙殺され、

このピットインを全くしていません。

そうなると、どんなことが起こってくるか?
体調を崩してしまったり、
ビジョンや目標を見失ってしまったり、

目の前の仕事をこなすことだけに
精一杯になってしまい、
長期的な視点で物事を考えることが
できなくなってしまったりということが
起こってくるのです。

僕は4年くらい前に
一度SuperGTを鈴鹿サーキットに
見に行きましたが、

トップレーサーの人たちは
だいたい決まったタイミングで
コンスタントに
ピットインします。

そして、結果的に500kmにも
及ぶ長距離レースで勝利をあげることが
できるのです。


日常生活、ビジネスにおいても
とてもピットインの時間は
重要なのです。

僕は最近休みの日は、
朝の時間か夕方くらいに
近くの公園に行って、
ぼーっとする時間を
とるようにしたり、

スマホを持っていると
どうしてもスマホを
いじってしまうので、

スマホを持たずに
カフェに行って、
ゆっくり過ごすか、
読書をするとか、

ノートとペンだけ持って、
カフェで過ごしたり、

ちょっと変則的に
過ごすようにして、
極力頭を働かせるようにしています。

もしくは、脱力して
何もしない、考えない。

こんな時間をあえてとるようにしています。

これが僕にとってのピットインの時間です。

ある人にとっては、
旅行に行くというのも
ピットインになると思います。


話が少し変わりますが、
電車に乗っていて、
ふと周りを見渡すと
みんなスマホでゲームをしています。

僕は、いつも電車に乗りながら
この光景を反面教師にして、
「絶対にスマホゲームをやらない」
と決めています。

なぜなら、スマホゲームのほとんどが
「没頭」できるような仕掛け
になっています。

没頭するということは
どういうことかというと、

その間、ほとんど脳の機能を
使わないのです。

そして、あっという間に
時間は過ぎてしまい、

結果、スマホのブルーライトなどの影響もあり、
目は疲れるし、頭も使わなくなってしまいます。


すると、どうなるか?

仕事や日常において、
新しい発想が出にくく、

脳のパフォーマンスを発揮できなくなります。

結果、良い仕事ができなくなります。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、
別にゲームをするな、
という話をしたかったわけではなく、

ピットインをする時間を
作りましょう!
ということを
あなたにお伝えしたかったのです。

それによって、
今目の前の仕事、出来事に
忙殺される毎日から
解き放たれることでしょう。

一生懸命働けば、
いつかは報われる。

一生懸命働かないといけない、

という思考にならないでください。

そういう時代はもう終わったと僕は思っています。

そろそろそこから抜け出しませんか?


最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。

P.S メルマガのタイトルになっている、
「エッセンシャル」は、「本質」という意味です。
今後もぶれることなく、小手先の内容ではない、
本質的なテーマであなたの気づきやヒントとなる
メルマガをお届けできるよう配信していきますね。

>>>メルマガ「Essential Marketing」購読はこちら 過去に有料で販売していたマーケティング、ビジネスモデル作りに役立つ動画講座が7日間無料で受講できますよ。