集客・問合せが増える!ランディングページノウハウ完全公開!

広告での集客が伸びない、顧客の興味を引くランディングページが出来ないと悩まれたことはありませんか?

今回はそんなランディングページにまつわるお悩みに沿った制作ノウハウや業者選びのコツなどを徹底解説していきます!

 

ランディングページとは

そもそもランディングページとは何かというと、ひとつの商品、サービスなどを売る為に作られた1ページの長いwebページのことです。

検索エンジンで検索結果の上部などに表示させる「リスティング広告」と呼ばれるものや、ポータルサイト上に表示されているバナーをクリックすることで表示されます。

検索結果から表示されるwebサイトとは異なるページになります。

 

なぜランディングページ?

通常のwebサイトではなく、ランディングページを作る理由は3つです。

一つ目に「顧客の求める情報が1ページに集約されていることでページ遷移による離脱が少なくなる」、二つ目に「webサイトを作る場合よりも費用が安上がり」ということが挙げられますが、最も重要な理由は三つ目の「特定のユーザーに対して集中的に呼びかけることが出来る」ということです。

ランディングページは広告に表示されている内容から、商品やサービスに興味のある限定されたユーザーのみが見ることになります。

そのため、不特定多数が見るwebサイトのように広く浅く働きかけるよりも、より的を絞ったユーザーに最適化した内容にすることで、商品やサービスを直接セールスするような抜群の問合せ効果を生みます。

単に商品説明をしたwebサイトに比べ、訪問者の心を動かすような説得力のあるセールスが出来るのはランディングページならではと言えるのです。

 

ランディングページ作成時のポイント

ランディングページを作成するにあたって、押さえておきたいポイントは2つです。

 

1.商品やサービスに合ったページの形

商品やサービス、目的によって適切なランディングページの形が存在します。

 

無料会員を増やす場合

会員登録までのハードルが少ないので、勢いを削がない為に情報量が少なく短いケースが多いです。

有料会員を増やす場合

サービスに納得した上で登録してもらう必要があるため、説明が長くなります。

BtoB商品を売る場合

機能一覧、比較表など一目で分かり易い表が必要になります。

エステなどサービスそのものを売る場合

イメージし易くする為に写真を多めに使うと良いです。

資料請求を増やす場合

長く説明しすぎず、簡潔で簡単な説明にすることで資料請求に誘導します。

その他通常の商品を売る場合

手にとって商品を見ることができない分、写真や説明などの情報量が多いと良いです。

 

2.問合せをしたくなるような要素を盛り込む

ランディングページは目を引き、読み進めたくなるようなページデザインも大切ですが、なにより重要なのは見込み客が思わず問い合わせたくなるような魅力的な提案が盛り込めるかどうかということです。

そのためには揺ぎ無いコンセプトやキャッチーで説得力のあるコピーライティングが必要不可欠になります。

 

ランディングページ制作業者選びのコツ

自分で作るのが難しい場合は、業者に委託しましょう。

業者を選ぶコツは大きく分けて3つです。

 

実績のある業者

デザインや価格だけを見て判断すると結果的に思うように集客できないことがあります。

大事なのはちゃんと結果が出るかどうかです。

しっかりと実績を積んで結果を出している業者に依頼しましょう。

 

同業者の成功事例が豊富

実績のある業者であっても、その成功事例が自社と同じ業種でないと思うように集客できないことがあります。

作成時のポイントの項でも商品やサービスの種類ごとに適切なランディングページの形が違うとお伝えしたように、全く畑違いの所で成果を出していても、自社の業種で上手く結果を出せるかは別問題です。

必ず同業者の成功事例が豊富かどうかを確認しましょう。

 

行き届いたサービス

どんなに価格が安くても、自社商品、サービスの強みをしっかり理解したうえでランディングページに反映してもらえなくては意味がありません。

また、制作時の手直しなどを柔軟に対応してもらえるかどうかもランディングページの仕上がりに関わります。

 

制作前のヒアリングなどがしっかりしているか、どのような対応だったかなどを実際に利用したお客様の声や口コミなども確認して決めましょう。

 

 

ランディングページは上手に作ることができれば一人ひとりに売り込む場合よりも非常に効率よく集客することができ、便利です。

じっくり手間をかけて作って、確実に結果を伸ばしましょう!