当社が交流会を主催する理由とは?[インタビュー記事全文を公開]

編:今日は、マーケティングエッセンシャルズの社員さんで、明日にでもお父さんになるご予定の!伊藤大輝さんにお話を伺いたいと思います。まずは奥様のご懐妊、おめでとうございます! ありがとうございます。自分には何もできず奥さんが頑張るだけで、生まれるまで落ち着きません。 編:それで先ほどから、ソワソワしていらっしゃるんですね(笑)伊藤さんは最近、交流会を積極的に主催してらっしゃるようですね? はい、そうなんです。先月初めての交流会を主催させていただき、明日も12名の方が集まって下さいます!来月の計画も、今着々と進んでいる所です。 編:そうなんですね!プライベートもお仕事も、充実してますね。交流会のタイトルを拝見したのですが「自分の会いたい人に会える交流会」と。どんな想いが込められているんでしょう? そもそも僕が交流会を主催したいと思ったきっかけは、僕自身が様々な交流会を通じて、沢山の方達に出会い、世界観が広がった事、そして何よりも、代表の栃本が背中を押してくれた事です。きっと僕に向いてるからと。 前回の交流会でも多くの方々がお集まり下さり、とてもポジティブな空気が溢れる場になりました。交流会の良いところは、どんなに自分の人脈を使っても会えなかった人と、普通に会える事。シンプルですが、これに尽きると思います。 前回の交流会の後、参加して下さった方達から「楽しかった!」「全ての人とお話しできたことがよかった」など、内容や規模、またお店の雰囲気などについてお褒めいただくお言葉を、沢山頂きました。 どんな交流会でも一度にお話しできるのは、それほど多人数ではありません。 またその場で有意義な繋がりにすぐ出会えるとも限りません。だからこそ、信頼関係を築いていただくことに重きを置いています。なぜなら人は繋がりの中で生きているので、目の前にいる人の、その後ろにいる人と繋がる事が多々あります。実際僕も、元々栃本と直接の面識があったわけではなく、共通の知人を介して現在の仕事に繋がりました。何も目の前の人とビジネスする必要はないんだと思ったら、自分自身、肩の荷が降りたことがあります。自分でも気がつかないほど、ふとした出会いが自然に仕事に繋がっていたりします。 僕の主催する交流会は、そういったポジティブな波動が生まれる場所になって欲しいと思いながら毎回計画しています。 編:そのために何か特別なお取り組みはされていますか? はい。交流会にご参加下さる皆様には少し早くお越し頂いて、代表の栃本のレクチャーを受けて頂くんです。 例えば名刺交換のマナーや自己紹介の仕方など、自分だけではなく相手も楽しめるための心構えをはじめとした、交流会のちょっとしたコツをお伝えしております。そうすることで、一人一人にこの交流会を良いものにしようという意識が生まれます。やはり、話し始めてすぐ、名刺代わりにパンフレットを出されたら誰だって戸惑うと思うんです。 とはいえ、何とか有益な繋がりを作ろう。仕事に繋げよう、という意気込みが強すぎる余りに、そういった事は実際に起こりがちです。 相手に悪印象を与えないための振る舞いの極意なども含め、最初の20分間は栃本からお話しさせていただき、雰囲気づくりを重要視します。 せっかく集まって下さった皆様にとって楽しい空間になるためにも、ある程度その場をコントロールさせて頂くのも主催側の役割だと思っています。 編:その20分間だけでも、今後のビジネスに活かせるヒントが詰まっていそうですね。 はい。レクチャーを受けて、すぐに実践して頂きます。前向きな交流会の雰囲気を、ぜひ沢山の方々に体感していただきたいなと思っています。 編:交流会のメンバーはどんな所でお誘いされているんでしょうか? 僕自身が様々な交流会にお邪魔したり、全国にチャプターを持つ、BNIという異業種交流組織に顔を出させて頂いたりして、日頃から業種を問わず、出来るだけ様々な方とお会いするようにしています。そんな中で、一緒に楽しい空間作りが出来そうと感じた方には、僕から直接お声がけさせて頂いています。 もちろん、フェイスブックを見て下さった方からお問い合わせ頂いたり、ご紹介頂いたりした方が足を運んで下さることもあります。基本的に個人起業家の方であればどなたでも大歓迎ですが、まずは僕というフィルターを通して頂く事で、どう考えてもマッチングが厳しい価値観の方が集まってしまう事はありません。そういった意味でも、参加して下さる全ての皆様に安心感を持って頂けたらなと思っております。 編:やりがいを感じてらっしゃるんですね。 やはり参加して下さった方々から、楽しかった!また開催して欲しい、というお声をいただけると、すごく嬉しいです。この交流会をきっかけに、後日お仕事に繋がった方もいらっしゃれば、気の合った方同士で個人的に飲みに行かれた方もいらっしゃるようです。 起業して間もない方にとって、人と繋がれる事自体が、とても心強い事だと思います。 この交流会は、すぐにお仕事の話をする場というわけではなく、繋がりを作って可能性を生み出す場所。価値観、考え方に前向きに共鳴しあえる場所になればと思っています。お酒や食事も出来るだけ楽しんで頂きたいと思っているので、いつもアンテナを張っています。素敵なお店があれば、ぜひ僕に教えてください! 編:伊藤さん主催の交流会に参加したい方はどうすればいいでしょう? >>交流会イベントの詳細はこちら よりお申し込みいただくか、伊藤または栃本まで直接ご連絡ください。 編:伊藤さん、ありがとうございました! こちらの記事をご覧になるころにはお父さんになっていらっしゃるんですね。元気な赤ちゃんのご誕生を心から祈っています! 編:さて、ここからは栃本さんにお話を伺ってみたいと思います。伊藤さん主催の交流会では、レクチャーを担当したり、参加者の皆様と交流も図ったりされているようですが、実際に体感されてみていかがでしょうか? 栃:とにかく参加者の皆様に楽しんでいただけているのが伝わってきます。 人は人とのつながりで満たされていく生き物ですから、この交流会が自然とお互いを承認し合える場、モチベーションが上がったり、自信を持てたりする場になっているのではと感じます。 編:そもそも、なぜ伊藤さん主催の交流会を思いつかれたのでしょうか? 栃:もともと伊藤君には、彼の前職の経験からも、ウェブ制作のディレクションをお願いしようと思って採用させていただきました。 ところが半年ほど一緒にお仕事をしてみて、彼の適性や人柄を知る中で、初めてお会いする方に必ず好印象を持たれる事。人とお喋りする事が好きで、新しい人と会うことが全く苦にならない事。相手と「関係」を築き、人と人を繋げるのが得意な事を実感しました。 逆に「商品・サービスをクロージングする事」「バックオフィス作業」にはあまり向かない事もだんだん分かってきました(笑)だからこそ、彼自身にとって楽しい部分だけを抽出した役割がないかと模索していたんです。そこで思いついたのが、伊藤君主催の交流会でした。 この交流会でマーケティングエッセンシャルズに興味を持ってくださる方も中にはいらっしゃいますので、会社としても、長い目でも利益に繋がると思っています。 何よりたくさんの方々から「来て良かった」「ありがとう」といった感謝の言葉をかけていただく事で、本人がとてもやりがいを感じているのを見て、僕も嬉しく感じます。 「適性で仕事をする」という事は会社を経営されている方々にはぜひマネジメントに生かして欲しい事です。 僕も愛用している、ウェルスダイナミクスと言う適性診断もオススメです。 世の中には自分が得意じゃない事でビジネスしている方が沢山いると思うんですが、それは遠回りです。 例えば、先日相談に乗った方は、1回1万円のパーソナルカラー診断で月に20万円稼ぎたいという展望を持っていましたが、毎月20人にパーソナルカラー診断を行うことは現実的にとても難しいし、僕にも全くイメージできませんでした。 よくよくお話を伺ってみると、その方は事務作業が好きで、どれほどやっても苦にならない。という事が分かりました。 こんなに事務作業のことを楽しそうに話す方がいるんだと思うほどでした。笑 ならば、1件10万円の事務代行を2件請け負えば、普通に20万円に達成するのではとアドバイスさせていただきました。 一番の近道は、得意なことをビジネスにする事です。少しだけ考え方をスライドさせるだけで、稼ぎ方そのものを楽にする事ができます。大きく稼ぎたい方には僕からアドバイスをさせて頂く事もできますが、まずは適性について考えてみる事から始めて欲しいです。 資格を取ってもビジネスはできません。好きな事を、もっとシンプルに仕事につなげて欲しいんです。 伊藤君主催の交流会は、人の役に立ちたいという彼の想い、そんな彼の、誰からも好かれるという素晴らしい長所を、決してがんじがらめにしたくないという僕の想いから生まれ、彼自身が今、立派に育てて行こうとしてくれています。   この交流会から生まれる繋がりが、この地域で、あらゆる分野を活性化させてくれるのを見届けるのが、本当に楽しみです!   P.S 以下から弊社主催のセミナー・イベント情報がご覧になれます。 https://www.marketing-essentials.jp/seminarinfo/