Webブランディングの活用

ブランディングって、『なんかおしゃれに見せること』みたいなイメージがありませんか?

おそらくは〈ブランド=おしゃれ〉というイメージから来ているのかと思いますが、それはただの表面的な発想であり、ビジネスの世界におけるブランディングとはかけ離れています。

ブランディングとは

ブランディングとは、自分の持っている価値を、市場(顧客や見込み客)に浸透させることです。

 

ブランディングにおいて必要なステップとは、

1.あなたの価値を知る

2.その価値を誰に届けるか?

3.どのように届けるのか?

この3つです。

 

1.あなたの価値を知る

ブランディングのスタートはまず「自分が持っている価値とは何か?」を知ることなのです。

価値を知らないことにはブランディングにはなりません。

ちなみに私は、ウェルスダイナミクスという理論を用いて、自分の価値を明確にしていますし、顧客やスタッフにもこの理論を使って、強みや価値を明確にしています。

この「価値を知る」ことをしっかりと行わずに、ブランディングし始めても、効果的なブランディング活動をすることは困難です。

2.その価値を誰に届けるか?

いわゆるターゲティングのことですね。ターゲットとなる顧客像を明確にし、ブランドを誰に浸透させるか?を決めます。手紙はなぜ、人を感動させることができるか?というと、答えはズバリ、たった1人のために書くからです。手紙の冒頭が「みなさん、、、」で始まったらどうでしょうか?おそらく感動しないでしょう。

でも、多くの人の情報発信は、「みなさん」に向けて発信しているものがほとんどです。だから、誰の心も動かすことができません。ぜひ、ターゲットを明確にしましょう。

3.どのように届けるのか

実際に自分の価値をどのように市場に伝えていくか?という部分についてお話していきます。

その手段として今や不可欠なのが、Webです。

 

facebook・Instagram・YouTube・Podcast・メールマガジン・ブログ・Twitter・LINE公式アカウントなど...

無料あるいは低コストで、手軽に自分で運営し情報発信ができるメディアはたくさんあります。

これだけ手軽に始められるメディアがあるにもかかわらず、何も情報発信をしないなんて、起業家・ビジネスパーソンとして非常にもったいないと思いませんか?

やれと言われたからやっているとか、周りがやってるからやっている、といったなんとなくの理由でやっているのであれば、それは本当に機会損失をしています。

文章を書くのが苦手って言う人は、何も文章を書く必要ないのです。喋れば良いのですから(笑)

Podcast・himalaya・YouTube・TikTok...のような、音声・動画配信のメディアも近年かなり充実してきています。

上記のようなメディアであれば文章を書く必要はありませんね。

継続的なブランディング

僕も、これまで様々なWebメディアを通じ、ブランディングの活動を継続して行ってきました。

正しいイメージを伝えたいのなら、やはり短期間でできることではありません。それはとても時間がかかることなのです。


多くの人は、目先の物事に引っ張られるがあまり、長期的な視点で物事を考えることができていません。

だから、いつまで経ってもビジネスが成長していかないのです。


あなたがもし、これまでにWebブランディングを活用してきていないのなら、是非今からでもすぐに取り組んでいただきたいです。

マーケティングやブランディングは、長期的な視点で考えながら、継続的に実施していかなければ成果は上がりません。

 

マーケティングやブランディングって、とても難しいものと思われているところがありますが、全然そんなことはないです。

Webをうまく活用することで、とても手軽にブランディングができるのです。