人はあなたのしていること(what)を買うのではない。あなたがそれをしている理由(why)を買う。

本日は電車でブログを書いています。


こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ伊藤です。

週末は現在住んでいる瀬戸駅の近くで桜を見てきました。

北海道に住んでいる時には桜を見るのはゴールデンウィークでした。

愛知県に住んでいる人にとっては遅いですよねw

久しぶりに娘と奥さんと3人で外出でした。

 

さて、先日のアウトプット朝活でサイモン・シネックの優れたリーダーはどうやって行動を促すか

これを視聴して、改めて気づきがあり、サイモン・シネックの「WHYから始めよ! インスパイア型リーダーはここが違う」を購入しました。

その本を読んで感じたことを書いています。

 

結論

 

人はあなたのしていること(what)を買うのではない。あなたがそれをしている理由(why)を買う。

 


What 今、会社組織がしていることです。つまり自社の商品やサービスについてです。

これなら職務についてなどは簡単に説明できると思います。

 

How  価値観に際をもたせること、独自の方法、ユニークな販売計画など他の会社と違う方法のことです。

 

Why  自分がいましていることの理由、これを明言できる人や企業は少ない。お金を稼ぐためというのは含まれない。
それはあくまで結果なので、ここでのwhy?はあなたの目的や大義、理念である。

あなたの会社はなぜ存在しているか?あなたはなぜ毎朝ベッドから起きて職場に行っているのか?

 

なぜこれを気にかけなくてはいけないのか?

 

多くの人は(僕もそうでした・・・)whatからHowそしてwhyの順番で考えて行動して、コミュニティーケーションをはかるが、ここで大きな問題があります。

この順番だと一番明確なものから不明瞭なものに向かって説明しています。

自分のしていること(what)を説明できるし、手法(How)も説明できる。

しかし、それをしている理由(why)を説明することはほどんどない。

 

サイモン・シネック曰く、できるリーダーは順番が逆 why→How→what この順番でコミュニケーションをはかっていると。

 

例えば僕の場合はこうなります。

 

waht〜whyの場合

 

集客専門でホームページの制作をしています。

より、集客ができるようにプロカメラマンでの写真撮影、コピーライターによる文章のなどすべて行いますので、手間がかかりません。

まずは無料相談からでもいいので、お話聞いてくれませんか??

 

この説明で聞きたいですか??

 

 

 

why〜wahtの場合

 

ホームページが制作できるのと、ホームページで集客できることが違います。

多くの会社は制作しかできません。

そんな業界を変える!というのが、信念です。

web集客=見込み客の獲得と定義して、クライアントが望む集客できる仕組みを作ることで業界を変えようとしています。

その結果、狙ったお客さんを集客できるホームページの仕組みが誕生しました。

無料相談でもいいので、お話聞いもらえませんか?

 



どうでしょうか??

 

どちらの説明だと、もっと話を聞きたいと思いますか??

 


当然、後者ですよね。

 

このように

人々はあなたのしていること(what)を買うのではない。あなたがそれをしている理由(why)を買う。

 

あなたが、そのビジネスをしている理由は(why)なんですか??

 

これを機会に思い出してアウトプットしてみてると良いと思います。

 

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。