人生のミッションが明確な人は応援したくなる。

こんにちは。

 

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ伊藤です。

 

昨日は娘を奥さんの両親に預けて、

 

奥さんと二人で映画鑑賞。

 

映画はキャプテン・マーベル。

 

マーベルヒーローズシリーズを見ている僕は楽しめましたが、奥さんはそうでもなかったようです(笑)

 

途中寝てました。

 

これは僕の事前教育不足ですね(笑)

 

もっと過去の作品を見せておくべきでした。(マーケティングですよね)

 

さて、今日はミッション明確にするというテーマで書いていきます。

 

僕の所属している某BNIでは4月から役員が入れ変わりますが、そのタイミングで6.7名に分けられるメンバーのグループ編成も変わります。

 

そのグループメンバーの編成のためにほぼ全員と面談しました。

 

その内容は「あなたのビジネスのミッションは何ですかね?」という内容です。

 

ちなみに僕のミッション(使命)

 

「出会った人すべてを笑顔で幸せにする」

 

僕がそのミッションである理由は小さい頃から笑顔だけが取り柄だと思っていました。

なぜなら、いつも周りの大人から「ほんとに笑顔がいいよね。そのえくぼも」

 

幼稚園や小学生の時も男の子なのにかっこいいと言われることよりも「かわいい」と言われることが多くそれが嫌でした。

 

それから20年以上が経ち、アチーブメントのダイナミックアドバンスというセミナーに参加した時に変わりました。

 

自分はこれから出会う人すべてにこの笑顔を提供して幸せにしなくてはいけないということが使命なのだと気が付きました。

 

そして、昨年生まれた第1子にも「えくぼ」があります。

 

僕はこの「えくぼ」を継承しなくてはいけない。

 

これが僕の人生の使命(ミッション)

 

話を戻します。

 

人生のミッションについてメンバーに聞いた結果、

 

内容は言えませんが、応援したくなるものばかりです。

 

ミッションを聞いたからこそ本当に「信頼」できると思いました。

 

そして応援したいです。

 

自分の人生をかけたミッションですからね。

 

そのミッションを達成するために今の仕事をしている。


そう言われると一貫性がありますよね。


そんな共感できる面談でした。


皆さんも自分のミッションを多くの人語ってください。


そうすれば共感してくれる人が必ずいます。


そしてその共感してくれた人がパートナーであり、お客さんになれば、 あなたのミッションの達成に1歩ずつ近づくと思いますよ。


本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。