イチローはやはりイチ流(一流)

本日も久屋オフィスでブログを書いています。

 

こんにちは。

 

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ伊藤です。

 

昨日は84年・85年生まれ人の交流会(NEF会)を開催。

 

同い年というのは信頼関係構築のための「最短」で「最強」の武器だと思ったので、この会を発足しましたが、

 

やはり、そのとおりでした。(この年代はみんな喋りすぎ笑)

 

もし、84年・85年生まれ方で参加したい!!という方がいれば連絡をお待ちしています。

 

さて、話は変わりますが、僕は11年間野球を続けた経験があります。

 

好きな野球選手といえば、

 

やはり「イチロー」です。

 

現在イチローは44歳ながら現役続行中。

 

野球に対する姿勢・プロとして体調管理

 

本当に尊敬します。

 

そんなイチローが10年前に打撃の理論を語ったインタビューで僕が学んだ事を今日はお伝えします。



それは

 

「常識にとらわれない」



技術的な説明は省きますが、

 

簡単に言うと、

バッターが打った時に「詰まる※」事があります。

※バットの握っている手から位置から近いポイントでボールを打つ事

 

「詰まる」と遠くにボールが飛びにくいです。

 


僕が小さい頃に教えてもらったのは

 


詰まる=負け


というのが常識でした。

しかし、イチローは違いました。



より多くのヒット打つために、

 

そして、自分の打てる球が来るのを待つために

 

「詰まる」=負け

 

という常識を捨てる

 


つまり、ビジネスにおいても、同じだと思います。

業界で常識だと感じている事が

 


見方を変えれば、マイナスからプラスになるということです。

 


もっと早く、この考え方を知っていれば



僕も現役時代はもっと活躍していたと思います。(苦笑)

 

僕にとっては「棚からぼた餅」です。

 

気になった方はぜひこちらをクリック

https://www.youtube.com/watch?v=gwcEuYUkavU&index=8&list=WL&t=0s


本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

また明後日もよろしくお願いします。