セミナーを主催するメリット

本日は久屋オフィスでブログで書いています。

こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ伊藤です。

今日は、新オフィス兼セミナールームオープン記念ビジネス交流会です。


おかげさまで25名以上の方が参加していただけそうです。


ありがとうございます。


さて、今回のテーマは「セミナーを主催するメリット」です。

僕自身がセミナー主催して登壇して、


僕が特に感じたメリットは「自分の棚卸しができる」点です。


つまり、強みが明確になります。
そもそもセミナーと聞くと、どんな印象でしょうか?


僕も昨年11月にセミナーコンテストに出場しました。
 ※セミナーコンテスト→詳細はこちら


そのコンテストに出場する前までは

セミナーと言うと「知識が豊富で経験値が高く、人と違ったコンテンツを持っている人が開催するもの」


僕はこんな印象でした。


でも、セミナーコンテスト出場する時に自分がどんなコンテンツだとセミナーができるのかを考えました。


ここで「自分の棚卸し」ができました。

自分の過去の経験値や過去の体験などで提供できるコンテンツがたくさんありました。

資格が無いからできない、実績がないからできないと思うかもしれませんが、

スキルや経験がなくても、自分の経験こそがコンテンツです。


そこで、僕がセミナーコンテストに出場した時の棚卸した結果、提供できるコンテンツを書いていきます。

 

伊藤のセミナーコンテンツ

 

1 HP販売営業での対面セールス300名の経験でわかった、良い営業マン・良い会社を見分ける方法

2 HP制作で1番大切なこと

3 HPで狙ったお客様を集める方法

4 歯医者さんがHPを作る時に1番大切なこと

5 テレアポ営業で医科・歯科の受付を突破する方法

6 先生業の方の信頼関係の構築方法

7 採寸せずに自宅にピッタリの家具を購入する方法

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

そして、考えたコンテンツでセミナーを開催する基準が2つあります。

 


・ 社会に求めているか?

・ 自分のやりたいことに繋がるか?

 

※僕の場合は8は自分の今の仕事に繋がりませんね。

 

この2つをクリアしたなら、自分の仕事につながるセミナーで、自分の強みが活かせるセミナーになってると思います。

 

セミナーを開催するなら、まずは「自分の棚卸し」をしてみてはいかがでしょうか?

セミナーをやらなくても、自分の強みや経験が明確になりますよ。

 

もしセミナーを開催するなら、弊社のセミナールームもご活用ください。

詳細はこちら

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

また明後日もよろしくお願いします。