あなたは「剣山」ですが、それとも「針」ですか?

本日はターリーズコーヒー 栄セントラルパーク店よりブログを書いています。

こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ伊藤です。


昨日はたまたまTVを見ているとおはぎ専門店が紹介されていました。


おはぎ専門店ですよ。


かなり尖った専門店だなと思いました。

なぜなら、僕もBNIイベント交流会をきっかけに

自分の専門性について考える機会があったからです。


ということで、本日は「専門性」について書きます。


それは「剣山でなく針になる」ということです。


意味がわからないですよね(笑)


剣山と針の話をする前に




僕の今について話します。

僕は良くこんなお話で相談があります。

「パソコンを買うんだけど、何がいいかなぁ?」
「surfaceを買ったんだけど使い方がわからないんだけど、、、わかる?」



結論
僕には分かりません笑

ホームページ制作でのお仕事が多いですが、
決して、パソコン機器に強いわけではありません。

どのパソコンがいいとか。
パソコンの操作方法もわかりませんから。


とはいえ、

そういった相談があるのも、すべて

僕の責任だと思ってます。

なぜなら、専門性や強みを伝えきれてなかった。

要するに尖りきってないと言うことです。

きっと、僕のこれまでの自己紹介は

ホームページ含めて、インターネット関係はすべておまかせ!!

こんなニュアンスで伝わってしまう。

表現だったのだと思います。

その結果、先ほどのパソコン操作方法や
オススメのパソコンなどについて相談になっていたのでしょう。


だから、今日、僕の専門を明確にしますね。

それは「SEO対策」






「先生業専門のHP制作」


※BNIのカテゴリーもこちらに変更を考えています。


僕の過去の経験から歯科・接骨院の先生の集客のお手伝いをする機会が多く、得意な分野だからです。

また、士業と呼ばれる「弁護士・税理士・弁理士」方の集客の手伝いもできます。


前置きが長くなりましたが、「剣山でなく針になる」という意味は

剣山は壁に投げつけても刺さりませんが、針だと壁に刺さります。

つまり、専門性や強みをだしていても、幅広くては相手に刺さりません。

むしろ、力を入れて刺さなくては相手には刺さりません。



皆さんも自分を棚卸して、自分の専門性や強みを研ぎ澄ましてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、自分の本業と関係ない相談が減ると思います。

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

また明日もよろしくお願いします。