セールスの秘訣は「自信」

本日は、弊社オフィスの栄ガスビルでブログを書いています。

こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ伊藤です。

もう、ご存知の方もいるかもしれませんが、

3月1日より新オフィス兼貸会議室のオープンします!!

そこで日頃お世話になっている方を集めまして、

お披露目を兼ねた立食での交流会を開催させていただきます。

もし、ご都合合えばご参加お待ちしています。

詳細はこちら



さて、ここからが本題ですが、

突然ですが、セールスをする上で大切な事って何ですか?


たくさんあると思いますが、


僕が大切だと考えるのは、


「自信」です。


なぜそう思うか?


僕の経験から少しお話します。



伊藤が自信に満ち溢れた時代 〜ファニチャードーム編



大学卒業後に就職して家具の小売販売を8年経験しました。

結果から言いますと、

・単月売上1億円(当時、会社の最高記録)
・20代での副店長昇進(他の副店長は40〜50代)



当時、社内では自慢でした(天狗になってましたね)


なぜ、このような結果に繋がったのか?


それは単純に自信があったからです。


具体的に言うと、

家具が好きだったこともあり、販売している商品に対する自信。
良い商品を販売しているという自信です。

そして、ソファなどの大型の家具は購入した方の9割は配送を希望されます。

そこで問題なのが搬入経路ですが、

僕は、お客様に2,3質問すれば、お客様宅にその商品が搬入できるのかわかりました。

お客様の家に商品が届いて、初めて満足します。

この部分ではお客様を満足させるという自信もありました。

小さなことかもしれませんが、この「自信」が冒頭の結果に繋がったと考えています。



自信が消えてなくなった時代 〜ベンチャー企業のWeb会社編



前の会社を退職して、転職先に選んだのが、

ホームページ制作をしている営業会社。

結果から言いますと、

・給与アップのために転職したのに30%以上ダウン
・昇進するも1ヶ月で降格


つまり、まったく売れなかったということです。

200万円という高額な商品のセールスをしていましたが、


前職との大きな違いは「商品」に対する自信がまったくなかった。


なぜなら、

多くの場合は集客のためにホームページを制作しますが、

当時制作していたホームページがまったく集客できなかったからです。


でも、セールスする時には「集客できます」と言わなくては売れない。


そんな状況で商品に対して自信を持てると思いますか?

だから、僕はこの会社を辞めましたね。

このままだと自分自身にも自信がなくなる気がしたので。


セールスをする上で、「自信」だけで売れるとは言いませんが、

少なくとも、商品に対する「自信」があることは大切です。


皆さんが提供している商品に対する「自信」はありますか?

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

また明日もよろしくお願いします。