目の前の相手に売ろうとするのではなく「価値」を届けよう

こんにちは。株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

 

あなたは、個別面談をするときに、目の前の相手に「売ろう、売ろう」という意識で接していませんか?

 

売ろう、売ろうと
意識をしていると、

 

どうしてもそれが
相手にも伝わってしまいます。

 

それでは、結果として売れません。

 

だから、
売ろうとするのではなく、
目の前の人に「価値を提供すること」に
主眼を置いてみてください。


そうすると、
どういう関わり方になるかというと、


「どんなことに困っているか?」

「相手は何を求めているか?」

「どんな目標を持っているか?」


などといった
質問が出てくるはずです。

 

そして、その人に役に立つ
自分が知る限りの情報を
提供してあげようと
するはずです。

 

そういうスタンスが相手に伝わると

自然と相手もあなたに
好意を持ってくれるようになります。

 

そうすることで、
相手との関係性を
築くことができるようになります。

 

関係性を築くことができれば、
こちらが頑張って売り込むことをしなくても、
こちらのオファーを
受け入れてもらいやすくなります。

 

場合によっては
相手から興味を示してくれる可能性だって
全然あります。

 


だから、
売ろうとするのではなく、
「目の前の人にまず価値を届ける」

 

という意識で関わってみてください。

 

全然相手の反応も変わってくるはずですし、

結果としてこちらの提案も受け入れてもらいやすくなりますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。